看護師夜勤バイトの時給相場は高い。

看護師派遣単発の口コミサイト

「 投稿者アーカイブ:saraworks 」 一覧

     

看護師夜勤バイトの時給相場は高い。

       

看護師夜勤バイトの時給相場

夜勤勤務は、手当がついて高給だし効率良く稼げることもあり、夜勤バイトのみで収入を得ている方も沢山います。

夜勤手当の加算対象になる時間帯というのは、22時~5時の間です。

2交代制の夜勤バイトの場合は、16時頃からスタートの16時間労働なので、夜勤手当の加算対象時間が全て含まれることになります。

しかし、3交代制の夜勤バイトの場合は、準夜勤と深夜勤がある為、夜勤手当の対象時間が少なくなります。

夜勤手当の相場というのは、準夜勤が約4千円、深夜勤が約6千円となっていますから、2交代制の夜勤バイトであれば、時給とは別に、夜勤手当として約1万円の収入が得られます。

その為、2交代制の夜勤バイトは、1回の勤務で3~4万円といった高給な求人を沢山見つけることができます。

そのような点からみると、3交代制の夜勤バイトよりも、2交代制の夜勤バイトのほうが効率良く稼げることがわかります。

看護師の働き方は、大きく分けると常勤と非常勤に分かれます。

そして、常勤で働いているほうが高給が得られるというイメージがあります。

しかし、職場によっては、常勤よりも夜勤バイトのほうが稼ぐことができます。

常勤で働いている場合、月給の相場は30~35万円です。

これには、夜勤手当も含まれています。

夜勤バイトの場合は、月給制ではありませんから、何回夜勤勤務をしたかという計算になります。

例えば、1回の夜勤が3万円の職場であれば、月に10回以上の夜勤をすれば月に30万円稼ぐことができます。

1回の夜勤が4万円という高給な職場を選べば、月に40万円稼ぐことができます。

ただ、月に10回以上の夜勤をする為には、夜勤の回数制限が免除される働き方をする必要がありますから、注意が必要です。

夜勤バイトだけで生活できるだけの収入を得たいのであれば、1回の夜勤が3万円以上の求人を選ぶことをお勧めします。

高給な求人となると、業務内容がハードだというイメージが強いかもしれません。

でも、療養型の病院でも1回の夜勤が3万円以上という職場は沢山ありますから、慎重に選ぶことをお勧めします。

看護師夜勤バイトと労働基準法

夜勤の仕事は、手当がついて高給なこともあり、好んで夜勤勤務を選択している方もいます。

ただ、夜勤の労働時間というのは制限があり、月に72時間以上の夜勤をすることができません。

これは、夜勤の負担を減らすことが目的で作られた規則です。

そして、72時間という規則を守っている医療期間というのは、国から高額な入院基本料を貰うことができます。

そのような理由もあり、多くの医療機関や施設ではこの規則を守っていますが、これは、夜勤ができる看護師不足にも繋がってしまいます。

ですから、夜勤ができる看護師を一人でも多く確保する為に、単発夜勤バイトの求人を多く出しています。

そして、それらの求人は、1回の夜勤が3〜4万円というように、かなり高給です。

ただ、集中治療室の現場は、72時間という規則が免除されます。

72時間以上の夜勤ができない、という縛りを作ってしまうと、看護師不足が加速して、治療に支障が出てしまうという可能性があります。

それに、集中治療室のように高度な医療や看護が必要な職場というのは、スタッフの入れ替わりが激しく、ギリギリの人数で回しているところがほとんどです。

ですから、規則で縛ってしまうと、さらに看護師不足が深刻になる可能性があります。

その他に、夜勤専従常勤や夜勤専従バイトで働いている場合も、72時間の規則が免除されます。

夜勤専従常勤や夜勤専従バイトというのは、看護師不足を解消することが目的で雇われています。

だから、多くの職場では、このような夜勤専従や夜勤バイトに働いてもらうことで、夜勤ができる看護師を補っている状態です。

つまり、夜勤専従常勤や夜勤専従バイトとして働くのであれば、月に72時間以上の勤務が可能なので、たとえバイトであっても充分な収入を得ることができます。

夜勤バイトは、職場によって業務内容が異なります。

介護施設の場合は、基本的に看護師1人体制となっているので、いくら業務内容が楽であっても、休憩や仮眠が取りにくいという状況です。

副業として夜勤バイトをする際には特に、事前に業務内容や職場環境をしっかりとチェックすることをお勧めします。

     

週1の看護師夜勤派遣

       

週1の看護師夜勤派遣

看護師の中には、本業が連休の日などに、給料アップの為に副業をしている方が沢山います。

ただ、本業に支障が出てしまっては、副業をしている意味がなくなってしまいます。

ですから、副業を選ぶ際には、シフトが完全自由で、自分の都合に合わせて働ける職場を選ぶことが大切です。

副業でお勧めなのは、単発夜勤派遣です。

単発夜勤派遣は、週1日でもOKな求人が沢山あり、自分の好きな時に仕事を入れることができます。

看護師が働く職場というのはいろいろありますが、多くの単発夜勤派遣の求人が出ているのが、老健などの介護系の職場です。

介護系の職場というのは、ほとんどの現場が看護師が不足している状態です。

その為、1日でもいいから働いて欲しいという希望もあり、急募の夜勤派遣の求人が多いという傾向です。

ですから、看護師にとっては、働きたい時にすぐに働くことができる、というメリットがあります。

老健のような介護施設に入所しているのは、治療の必要はないのですが、在宅するのは難しいという状態の高齢者です。

ですから、日常生活の援助が主な業務なので、高度な医療技術は必要ありません。

もし治療が必要になった場合には、病院に転送するというケースがほとんどなので、精神的に楽な気持ちで働けます。

精神的にも肉体的にも楽な気持ちで業務ができるので、復職にはお勧めの職場だと言えます。

そこで気になるのが、給料の相場です。

一般病院の夜勤派遣に比べると、介護施設の夜勤派遣は、給料相場は安いのが事実です。

しかし、看護師不足ということもあって、一般病院と変わらないくらいに高給な夜勤派遣の求人も沢山あります。

例えば、日給3万円の夜勤派遣を週1で入れることで、月に10万円以上の給料アップが可能です。

週1でも働けるような単発夜勤派遣は、高給な求人が多く、それらは、看護師求人サイトで見つけることができます。

中には、日給4万円といった高給な求人もありますから、複数の求人サイトをチェックしてみることをお勧めします。

夜勤単発派遣の給料

看護師にはいろいろな働き方があります。

常勤として職場に所属して働くのではなく、単発派遣を組み合わせることで収入を得ている、という方もいます。

単発派遣の中でも時給が高いのが、夜勤派遣です。

単発夜勤派遣は、一般病院の場合は日給3~4万円が給料相場です。

介護施設になると日給2?3万が給料相場なので、一般病院に比べると低めです。

しかし、看護師不足ということもあり、最近は、介護施設でも一般病院と変わらないくらいの高給な求人が沢山出ています。

単発派遣だけで生計を立てるのは難しい、というイメージを持っている方も少なくないと思いますが、1回3万円の夜勤単発派遣を月に10回入れれば、月に30万円近くの収入になります。

ですから、夜勤であれば、単発派遣だけでも充分に生活できるということが良くわかります。

単発派遣の給料は、それぞれの職場から支払われます。

給料の締め日や支払日は、職場によって異なるので、単発派遣を組み合わせて働いている場合には、月に何度も給料日があるということになります。

多くの職場が、20日、25日が給料日ですが、週払いや日払いというところもあります。

その為、常勤の働き方に比べると、生活費の調整をするのが難しいかもしれません。

夜勤単発派遣だけで生活したい場合には、1ヶ月分くらいの生活費を用意した上で始めると、安心かもしれません。

単発派遣の場合は見つけることはほとんどできませんが、短期の夜勤派遣であれば、看護師寮が利用できたり、住み込み可の求人もあります。

そのような求人であれば、お金がない状況であってもすぐに仕事に入ることができます。

夜勤単発派遣は、高給な求人が沢山あります。

それに、一定期間まとめて仕事を入れて頑張って働いて、長期の旅行に行くということもできます。

夜勤単発派遣は、1回から可能な、シフト完全自由な求人がほとんどなので、自分の都合に合わせてマイペースで働きたい、という方にはお勧めです。

     

副業で夜勤バイトで給料アップ

       

副業で夜勤バイトで給料アップ

看護師の中には、給料アップが目的で副業をしている方が沢山います。

給料アップが目的であれば、転職をしたほうが効果的だと思っている方も少なくないと思います。

しかし、看護師の仕事は、職場によって業務内容にかなりの違いがあります。

高給な職場に転職したことで、業務内容がハードでストレスが溜まってしまい、せっかく転職しても続かない、という可能性があります。

それに、看護師が働く職場は、人間関係のトラブルが多いと言われていますから、働きにくい職場に当たってしまう可能性もあります。

そのようなことを考えると、副業をして給料アップをするほうが、精神的にも肉体的にも楽です。

給料アップが目的の副業で人気があるのが、看護師派遣です。

特に単発派遣は1回のみの仕事もあり、時給2,000前後の求人が沢山あります。

さらに、効率良く給料アップをしたいのであれば、夜勤の単発派遣がお勧めです。

職場や地域によって多少の違いがありますが、夜勤の単発派遣は、1回3〜4万円という求人が沢山あります。

つまり、月に3回程度の夜勤の単発バイトを入れることで、10万円の給料アップが期待できます。

例えば、連休が取りやすくて、比較的に落ち着いた勤務ができる職場で働いているのであれば、連休を利用して夜勤の単発バイトを入れることが可能です。

実際に、老人病院などの介護系の職場は、一般病院に比べると給料が低めということもあり、多くの方が給料アップの為に副業をしています。

ただ、夜勤の単発派遣は、あまりにもハードな職場を選んでしまうと、体力的にも精神的にも負担が大きくなってしまい、本業に支障が出てしまう可能性があります。

夜勤の単発派遣は、月に1回だけでもかなりの給料アップができますから、無理をして仕事を入れないようにしましょう。

看護師専門の求人サイトには、いろいろな職場の夜勤の単発バイトの求人が揃っています。

給料だけに固執しないで、気持ちに余裕を持って働ける求人を選ぶことが大切です。

夜勤の単発派遣の体験談

私は、慢性期がメインの一般病院の、内科系の病棟で働いています。

私がこの病院に入職することを希望した一番の理由は、職場の人間関係が良好だったからです。

先輩の看護師から、看護師が働く職場というのは、人間関係のトラブルがあるところが多い、という話しを聞いていました。

私は、同じ病院で長く働きたいと思っていたので、余計なストレスを溜め込んでしまうような職場は避けたいと思っていました。

私が働いている職場は、慢性期の現場ということもあって、バタバタすることが少ないし、残業がほとんどありません。

チームワークも万全だし、気持ちよく仕事ができる環境です。

ただ、他の病院に比べると給料が低いという点だけが、デメリットに感じていました。

でも、転職したいという気持ちは全くなかったので、給料アップの為に単発バイトをすることにしました。

私がダブルワークで仕事を入れているのは、夜勤単発バイトです。

老人ホームや老健など、介護系の病院がメインです。

私が本業で働いている病院は、休み希望が通りやすいので、連休を取ることが可能です。

夜勤単発バイトであれば、1日限定の求人も沢山あるので、本業が連休の時に合わせて仕事を入れています。

介護系の病院の夜勤は、一般病院とは違って落ち着いた業務ができます。

その為、ダブルワークをしても疲れ切ってしまうことがないので、私のようにダブルワークをしている方も沢山います。

単発夜勤派遣には、給料即日払いの求人もあるので、給料日前などに急にお金が必要になった時には、とても助かります。

私は、月に2回程度の単発夜勤派遣を入れていますが、臨時収入があると思うと、仕事に対するモチベーションも上がります。

現在働いている職場が、給料や待遇面で不満があるとしても、転職すれば必ず希望が叶えられるとは限りません。

それに、転職をしたことで、さらに働きにくい環境になってしまう可能性もあります。

でも、単発夜勤バイトであれば、時給が高いので効率良く稼げるし、単発の仕事であれば割り切って働くことができます。

 

     

イベントナースの募集☆コンサートの仕事

       

看護師が働く職場というと、病院やクリニック、それに、介護系の施設をイメージする方が多いと思いますが、その他にも、様々な現場で必要とされています。

その一つに、イベントナースの仕事があります。

イベントナースは、スポーツ大会やお祭りなどのイベント事、コンサートなどが行われる時に、救護室に待機して、体調不良やケガをした方のケアをする仕事です。

この仕事は、単発の求人が主なので、ほとんどの方が副業として働いています。

一般病院で常勤看護師をしている方が、連休を利用して、給料アップの為にイベントナースをしている、というケースも沢山あります。

イベント事の規模によって異なりますが、大きなイベントの場合は、看護師が数人で救護室に待機をしています。

イベントの現場では、病院のように一日中患者さんが訪れるという事がないので、他のスタッフと会話をする事も多く、楽しみながら働けるというメリットがあります。

年間を通して、いろいろなイベントが開催されていますから、イベントナースの仕事は、季節に関係なくいつでも見つける事ができます。

ただ、イベントが開催される日程というのは決まっているので、自分の都合に合わせて仕事を入れたい、という場合は、シフトを入れるのが厳しいかもしれません。

イベントナースは、医療行為を行う事はほとんどないので、ブランクがある看護師や経験が浅い方でも、安心して仕事に入る事ができます。

救護室を訪れるのは、貧血や熱中症、体調不良、ケガの方がほとんどです。

救護室では、創傷処置やバイタルチェック、クーリング、既往歴の有無などの確認をしますが、医療機関の受診が必要な場合は、病院に搬送するので、高度な処置を強いられる事はありません。

スポーツイベントの場合は、ケガをする方のリスクが高いので、他の現場に比べると忙しいかもしれませんが、肉体的にも精神的にも楽な気持ちで働けるので、副業としてはお勧めの仕事です。

さらに、単発の仕事がほとんどで、一緒に働くスタッフもその都度変わりますから、人間関係のトラブルといった、余計なストレスを溜めずに働けるところも魅力です。

副業をする場合は、本業に支障がでないように、そして、できるだけストレスを溜めずに働ける業務内容でなければ、続ける事ができません。

イベントナースであれば、現場の雰囲気を楽しみながら、常に新鮮な気持ちで働けるので、副業にはお勧めです。

     

採血室での看護師派遣

       

採血室での看護師派遣はどう?

看護師が常勤で働いていると、夜勤や残業を避ける事ができませんし、責任が重い仕事を任される事が多いので、家庭と仕事を上手く両立させるのは簡単な事ではありません。

そのような事もあり、結婚や出産を期に職場を離れたり、バイトやパートといった非常勤の働き方に変更する方が沢山います。

しかし、医療業界というのは日々進歩していますから、新しい知識や技術がどんどん導入されている為、一旦職場を離れてしまうと、常勤に戻るのが難しいといった状況です。

家庭と仕事を無理なく両立させたい方や、ブランクがある方でも働きやすいのが、看護師バイトの仕事です。

看護師バイトにもいろいろな種類がありますが、採血のみを行う採血室の看護師バイトは、ブランクがある方も働きやすい事で人気があります。

採血室のバイトは、採血以外の他の医療行為を必要としないので、手技さえ思い出せば問題ありません。

ブランクがある看護師がスムーズに仕事に入れるように、復職セミナーも行われているので、そのようなセミナーを受ければ、手技を練習する事もできます。

ただ、慣れるまでには多少時間がかかるかもしれません。

採血室では、午前中だけでも100名もの患者さんの採血をしています。

採血のみを行う場所ですから、一般的な職場での採血とは違い、時間が勝負となり、失敗したり手順を間違ったりすれば、すぐに長蛇の列ができてしまいます。

そうなると、気持ちが焦ってしまいますしプレッシャーになって、上手くできる事もできなくなってしまう場合もあります。

患者さんの中には、血管が見えにくい方や細い方もいますし、痛みを伴う行為ですから、慌てたりすると患者さんに不安を与えてしまう事になります。

採血は、とにかく慣れる事で、スムーズで上手にこなせるようになります。

慣れない最初のうちは、誰でも時間がかかってしまうものですが、次第に慣れていきますから、常に落ち着いて行う事が大切です。

採血室は、病棟の業務のように患者さんや家族との関わりが深い、という事もないので、慣れてしまえば、自分のペースで黙々とできるし、精神的な負担も少ない仕事です。

ただ、穿刺事故を起こさないように、充分に気を付けながら仕事を行う事がとても重要となります。

いつも怒っている患者さんとその家族。採血の時も大変!

患者さんとの関わりって、看護師の仕事の楽しみの一つでもありますよね(*^o^*)

オペ室の看護とかだと、なかなか患者さんとコミュニケーションを取れなかったり、残念に思うことが多いんです。

だから、患者さんとコミュニケーションなどの関わりが取れると嬉しいですよね^_^

でも、そんな中患者さんとの関わりが辛いって思う事もあるんです( ;´Д`)

うちの病棟の患者さんで、すごく怒りっぽい人がいるんですよ( ̄Д ̄)ノ

朝、検温に訪室した瞬間からその怒りモードは始まります(´・_・`)

ドアの開け方が悪いとか、血圧計が締まるのが痛いとか、突然怒り始めます(;´Д`A

採血や点滴など痛みを伴うものなね対しても、「痛えなぁ=バカヤロー=」と怒鳴りまくるから嫌になってしまいます。。。

病室の中に落ちているゴミを拾って捨てたりしようものなら、ものすごい勢いで怒ります。

彼にとっては大事なものなんですって…!

意味がわかりませんよね(´・Д・)」

ナースコールを連打しては、遅いと罵声。

シーツ交換をすれば、物がなくなったと怒りまくります。

そんな風に事あるごとに、看護師に当たり散らすんです。

しかも、その患者さんの奥さんも似たような性格なんです。

実はこの夫婦、病院内で有名なんですよね(・_・;

患者さんがあまりにひどい行動や態度の時は、家族さんにも協力を得られるよう相談することがあります。

しかし、この奥さんにそんなことを相談しようものなら、ものすごい勢いで事務局長に乗り込んでいくんです!( ;´Д`)

何かにつけてクレーム、投書…(・_・;

自分たちのことを弱者って書くんですけどね(ー ー;

とてもこんな強気な弱者はいないんじゃないかと思いますが…( ̄▽ ̄)

私たちナースにとって、本当にストレスなんですよ。

看護師の仕事もキツイですよね( ;´Д`)

     

マイナビ看護師には派遣看護師は紹介できません。

       

マイナビ看護師は派遣免許がないから派遣の仕事は紹介できません。

子育て中の私は、子供が小学校に上がるまでは職場復帰は考えていませんでした。

あまりブランクが長くなってしまうと実際に働くときに大変になると思い、常勤でなく少しずつ始められる派遣看護師からやってみようと思いました。

それまで残業、休日出勤もあたり前のとても忙しい病院に勤務していたので、派遣看護師がこんなにいろいろな種類があるなんてこれまで知りませんでした。

勤務日数や勤務時間も選べるのが良いですね。

子供中心、家庭中心の生活をしたかったので、無理なく働けて、自由に勤務日数を選べる健診派遣が私にピッタリでした。

色々と調べてみると学校や会社などで行われる、健康診断での業務なのですが、採血や血圧測定、お医者さんの補助業務など、子供が小学校に上がってから実際にフルタイムで働くための体慣らしのためにも、とても良さそうです。

健診派遣は、私のように子育て中の看護師さんも結構いるそうです。

求人探しは、ハローワークや求人誌しか知りませんでしたが、マイナビ看護師というネットの求人サービスを偶然、知人のナースに教えてもらいすぐに登録してみました。

確かにマイナビ看護師には、非公開求人といって、条件の良い求人がたくさん載っているのが良かったのですが、派遣看護師の仕事がありません。

なんとマイナビ看護師は、厚生労働省が許可する派遣許可番号の取得がなかったのです。

派遣許可番号を取得していない会社は当然、看護師派遣をすることができません。

常勤では給料の良い職場がたくさんあっただけに残念でなりません。

マイナビ看護師の非常勤はパートがほんどんです。

マイナビ看護師は、看護師求人サイトの中でも知名度もありますし、求人数や会員数も圧倒的に多いですよね。

やっぱり転職には失敗したくないですから、大手の求人サイトが安心かなと思います。

ただ、マイナビ看護師は常勤・パートの求人は本当に沢山あるのですが、単発バイトや派遣の求人は少ないですね。

私は、マイナビ看護師の紹介で、現在は健康診断センターでパートをしています。

マイナビ看護師には、逆指名制度があります。

私が気になる職場として指名して、マイナビ看護師のコンサルタントさんが、職場の様子や給料など細かく調べてくれるのです。

私の希望する時間帯での求人はあるのか?調べてもらい、パートでありながら勤務時間の交渉や給料アップ交渉もしてくれました。

勤務時間は、9時~14時までです。

自分で、勤務時間や給料アップの交渉をするのは勇気がいりますし、ちょっと1人では難しいですよね。

ナースではたらこのコンサルタントさんは、とても質が高く、こちらの希望を細かく理解してくれます。

サポートも的確ですし、本当に信頼出来ると思います。

ただし、単発の仕事はないので、他の看護師派遣サイトを利用した方がよさそうです。

     

ハローワークで看護師単発派遣を探すと失敗するって本当??

       

ハローワークで看護師単発派遣を探すと失敗するって本当??

私は、ハローワークを通して仕事を探し、安易に職場を決めてしまった為に後悔した、という経験があります。

看護師が仕事を探す時には、何かしらのサービスを利用していると思います。

ハローワークを利用して職探しをしている人も少なくありませんよね。

ハローワークは、各地域の労働省が運営している公的な機関です。

現在では、ネットで求人情報を閲覧する事が可能なので、ネットで検索した上で、さらに詳しい情報を入手したいと思った時に、ハローワークに直接足を運ぶといったシステムになっています。

しかし、ハローワークを通して仕事を探そうとしても、求人数がとても少ないんです。

好条件の求人も少なく、求人がでているのはいつも同じ病院ばかりです。

私は、求人票に好条件ばかりが記載されている職場の情報を鵜呑みにし、簡単に職場を決めていまいました。

ハローワークでは、職場の情報を事前に調べてもらう事ができませんから、実際に働いてみて、求人票とかなり業務内容が違う事にビックリしました。

やはり、少ない情報の中で、職場を探すのは無理がありますよね。

希望に合った職場を探す為には、多くの情報を手に入れる必要があります。

昔と違い、現在では、仕事を探す為に、いろいろなサービスが用意されています。

ハローワークやナースバンク、看護師派遣サイトなどを利用して、いろいろな情報を入手する事ができます。

ハローワークで仕事探しをすると失敗すると言う訳ではありません。

あくまでも、多くの求人情報をチェックしながら、自分の希望に合った職場を探す事が大切なんです。

職場を探す際には、少しで多くの情報を比較検討するためにも、いろいろなサービスを利用する事が必要です。

ハローワークに騙された!残業なしではなく残業手当が出ない件

私は介護施設で常勤の看護師をしています。ちなみに以前は病棟で看護師をしていました。

介護施設は、介護保険の制度が変わってから非常に厳しくなったということで、数年前から人件費削減のため給与体制など大きく変わり、夜勤手当ても減らされました。

また、残業に関しても非常に厳しく、残業を減らすよう毎日のように言われています。

以前であれば介護など残業だけでも数万円の手当てがついていたようですが、そこをかなり注意され今では残業申請はほとんど出せません。

毎月の定例会では、各課ごとの残業申請額と前月比、昨年前月比と全て読み上げられ、増えた課には理由が問われます。

そのうち残業申請は出来ないという風潮が浸透したのです。

たしかに、ハローワークの公開求人には『残業なし』と書かれていました。

しかし働いてみてわかったのは、残業がないのではなく、残業申請が出来ないということだったのです。

介護施設はたしかに、病院ほど忙しくありませんし、残業は少ないかもしれません。

しかし、残業になる時というのは、たいていご利用者様の急変があった時です。

急変があればバタバタしますし、業務も遅れていきます。

救急搬送のため付き添いも必要です。

救急搬送に付き添ったナースは正当な理由として残業申請が出来ますが、施設に残ったナースはそれによって残業が生じても残業申請が出来ないというのです。

だらだらと仕事をしていて残業が生じたのであれば納得もいきますが、あれだけ忙しく働いてサービス残業というのはいささか納得がいきませんよね。

公開求人の内容も当てにはならないとつくづく感じました。

やはり、看護師派遣サイトのコンサルタントの力に頼った方が良いと思います。

     

イベントナースの給料

       

イベントナースの時給ではなく日給で書かれています。

イベントナースの給料は、時給1500円前後です。

派遣される場所によりますが、患者が一人も出ることなく、何もせずに待機するだけで給料がもらえることもあります。

看護師派遣会社の求人票では、時給ではなく、日給で書かれていることが多いです。

日給8000円~15000円が相場となっています。

完全にシフト自由で自分の空いている時間にイベントナースの仕事をすることができるので、副業で働く看護師が多いです。

いつもは常勤をしていて、休みの日に、月に1回~2回程度イベントナースでお小遣い稼ぎをするといった人が多いです。

とにかくレアな求人なのでイベントナースだけで生計を立てるというのは現実的ではないので、やはりダブルワークとして考えた方がよさそうですね。

イベントナースの募集要項がレベルが高くてびっくりしました・・。


イベントナースは何度もした事がありますが、楽しいイメージしかありません。

でも稀に、すごくスキルが必要で、レベルの高い看護師を募集している事があります。

私は副業でたまに単発派遣やバイトをしています。

先日のイベントナース求人は、国際的なスポーツイベントの会場での仕事でした。

いつもなら医務室か待機室で、けが人や急病の方が来るのを待つだけですが、国際イベントでは、英語や通訳のような能力が求められました。

募集要件に「英語ができる方」「医療英語が理解できる方」とありました。

私は英語は話せません・・・。

でも興味があり予約を入れました。

イベントナースでは事前に研修や説明会などがあるのですが、その時は英語のフレーズや、シュチュエーションの訓練をしました・・・。

周りのナースはベテランの英語ベラベラの方ばかり・・・。

これは場違いだと思い焦りました。

最近は国際的な大きなイベントが増えていますから、今後も英語や医療英語が堪能な看護師が求められると思います。

副業でイベントナースをしていると、なかなか希望の日に仕事がなくて困ることがあります・・・。

イベントナースは2ヶ月位前から募集が始まりますが、2ヶ月前だともうシフト希望の調整が終わっている頃なので、休みが取れません・・・。

たまたま休みの日が合えば良いのですが。

イベントナースは土日の勤務が多いので、土日休みが多い職場の方ならコンスタントに働けるかもしれませんね。

イベントナースは結構給料が高いと思います。

先日の国際イベントでは時給は2500円でしたよ。

時給2000円以上のイベントの仕事は結構ありますよ。

業務は大変だなと思った事ありませんね。

対処に困るような事や、手に負えない状況にはなった事はありません。

救護室に看護師1人という状況はありませんから安心してくださいね。

     

訪問入浴なら未経験でも安心!!

       

訪問入浴は、医療行為が少ないから未経験でも問題なし

私は、デイサービスで週3日パートとして働いています。

まだ子どもが小さく、ブランクも5年あって、病棟勤務をする自信がなかったからなんですが、今の仕事は無理なく、残業もなく、とても楽しいです。

でも、時給が1200円と安いのが残念。

なので、自分の都合がつくときだけ訪問入浴の派遣看護師を始めました。

訪問入浴派遣は月1回からでもOKで、時給も2000円と高額!

何よりも嬉しいのは、お給料が即日払いなんです。

月末、家計が厳しくなることありますが、臨時収入で、気持ちも楽になるし、即日払いだとやる気もかなりアップします。!(^^)!

実家の両親が数日間遊びに来てくれる時には、訪問入浴バイトを増やしたりします。

両親が戻る時にはお小遣いも少しあげることが出来たりして、好きな時に好きなだけ働いています。

急な子どもの病気で欠勤することもあったりしましたが、ママさんナースが多い職場なので、理解してもらえ、安心して休むことが出来ました。

訪問入浴を利用されている方の中には、重症度の高い方もいらっしゃいますが、派遣看護師には担当がまわってこないので、大きな心配はいりません。

訪問入浴は、医療行為は少ないし、体力は必要ですが、未経験であっても大丈夫な仕事ですよ。

訪問入浴が初めてでも日給1万5千円?

看護師としてバリバリ働いていた頃は、専業主婦に憧れていたけど実際に専業主婦を5年間もやっていると、看護師の仕事が恋しくなりますよね。

やっぱり看護師の仕事が好きな事もありますが、自分の稼いだお金があるのとないのとでは、気持ちの余裕度が違うんですよね。

旦那さんからおこずかいももらっているけど、洋服も買いたいし、ランチにも行きたいし、可愛いい子供服も欲しいし、お金なんてあってあっという間になくなってしまうんです。

そんな時に出会ったのが、看護師の単発派遣の仕事なんです。

単発の仕事って、急に時間ができたから即日働きたいという時も仕事することが可能なんですよね。

看護師の単発派遣って、都合のよい時だけ働く事が出来るから、看護師のダブルワークや、専業主婦の空いた時間の利用にも最適なお仕事ですよね (^o^)

単発派遣の中でも高額時給が得られるお仕事の中に、訪問入浴の仕事があるんです。

東京都新宿区にある訪問入浴ステーションは大久保駅から徒歩5分のところにあります。

時給1900円以上のバイトだから、1日1万5000円以上の収入が得られる上に、交通費も全額支給なんですよ。

私は、訪問入浴の仕事は初めてだったし、出産後から5年もブランクがあったので、不安がありました。

しかし、そんなブランクあり、訪問入浴初めての看護師でも安心して働くことの出来る仕事なんですよ (^_-)

訪問入浴の派遣は看護師1名と介護士2名の3名体制で各家庭を訪問しています。

在宅で介護を受ける利用者さんが、入浴が出来るかどうかを看護師が判断するため、バイタル測定や、全身状態の観察を行います。

また、入浴時は介護士が中心をなって入浴介助を行いますが、看護師も入浴介助の補助を行います。

入浴後は全身状態の観察を行いながら、入浴後の処置などを行います。

こういった仕事内容だから、難しい看護技術も必要としないし、初めてでブランクがあっても働きやすい仕事で、良いお小遣い稼ぎが出来ていますよ (*^^)v

     

老人ホームの看護師は大変?

       

休み希望が全く通らない老人ホーム

相変わらず、看護師が不足している状態が続いています。

その為、看護師がギリギリの人数で働いている、という職場も少なくありません。

看護師にも、常勤、パート、バイトと、色々な働き方がありますが、看護師の人数が少ない職場の場合、常勤の看護師に負担がかかってくる場合がとても多いんです。

パートやバイトは、土日が休みで、夜勤もありません。

その為、常勤看護師が、カバーしなくてはいけません。

常勤看護師が少ない職場は、さらに負担が増します。

休みの希望が出せるはずなのに、希望の休みはほとんど通らず、もし希望通りの休みが取れたとしても、その後の勤務にしわ寄せが来たり、といった状況です。

看護師が少ない、老人ホームなどの介護系の職場は、特に深刻だと思います。

休みの希望が全く通らない職場は、とても大変です。

月の休みどころか、年休の消化もできません。

その為、せっかくの年休がムダになってしまいます。

年休を買い取ってくれる制度がある職場であれば、まだ納得する事ができますが、買取の制度がない職場の場合には、働く意欲も軽減してしまいます。

精神的なストレスを溜めないようにする為にも、休みの希望が通るか否かは、職場選びの際には、大きなポイントです。

老人ホームの年間休日

私は老人ホームでの勤務をしたことはないのですが、最近この老人ホームでの勤務を希望する看護師さんが多くなっているようです。

その理由としては、老人ホームでは夜勤も残業もないからです。

また、年間休日も多くて、120日以上もあるところがたくさんあるようです。

老人ホームでの勤務は、一般企業に勤務するよりも、とても働きやすい環境にあるようです。

自分の時間を有効的に使いたい方には良い職場ですね。

一日中、お年寄りのお世話をする仕事ですから、やはりお年寄りが好きでないと務まらないかもしれませんが。

小さいお子さんのいる看護師さんにとっても残業も夜勤もなく、年間休日の多い老人ホームの仕事は魅力的かもしれませんね。

一般病棟で働くママさんナースは、残業は、子どもの迎えがあるので免除してもらっていることが多いと聞きました。

同僚の看護師に気を遣う事になりますから、それなら残業がない派遣看護師という立場を選択した方が良いと思います。

自分のライフスタイルにあった職場、やりがいのある職場など、今の自分に一番最適な職場を選ぶことが大切だと思います。