イベントナースの仕事内容

看護師派遣単発のススメ

イベントナースの仕事内容

イベントナースの仕事は、その名の通りイベント時の救護が主な仕事です。

看護師なので、当然、医療行為には限りがあり、医師の力が必要な場合は、救急車を呼ぶことになります。

また、救急車を呼ばないまでも、重大な疾患がある場合は病院への搬送を行います。

治療をするのではなく、あくまで応急処置だということを心にとめてくださいね。

ジャニーズのコンサートでイベントナース

ジャニーズファンの看護師にとってまさにうってつけの仕事がイベントナースだと思うかもしれません。

しかし、実際には、救護室での待機となるので、全くコンサートを見ることはできません。

仕事をしながらついでコンサートを見るなどという事は一切ないです。

場合によっては、可能性は低いですが、ライブで患者さんが出てしまったときは、直接ジャニーズと話すことができるかもしません。

ただ、患者がでなく無事にコンサートが終ることが一番ですので複雑な心境ではありますが。

夏フェスでイベントナース

屋内のコンサートに比べて、患者が増える傾向があります。

特に夏の炎天下で熱中症になる人が多く、イベントナースとして忙しくなってしまいます。

涼しい場所で休ませ、クーリングや水分補給をすることで改善することもあるのですが、症状が重い人は救急車で病院に搬送します。

夏フェスの場合は、救急車が会場の外であらかじめ待機していることが多いので、一刻を争う時は安心です。

イベントナースとしては人気の仕事の1つとなるのでなかなか個人で探すのは難しいです。

多くが看護師派遣会社に登録した後にしか見ることができない非公開求人であるからです。

なぜ、非公開求人なのかというと看護師派遣会社の登録を済ませた看護師にだけ任せたいという依頼者の気持ちを考えてみたらわかるかと思います。

イベントナースの募集☆コンサートの仕事

看護師が働く職場というと、病院やクリニック、それに、介護系の施設をイメージする方が多いと思いますが、その他にも、様々な現場で必要とされています。

その一つに、イベントナースの仕事があります。

イベントナースは、スポーツ大会やお祭りなどのイベント事、コンサートなどが行われる時に、救護室に待機して、体調不良やケガをした方のケアをする仕事です。

この仕事は、単発の求人が主なので、ほとんどの方が副業として働いています。

一般病院で常勤看護師をしている方が、連休を利用して、給料アップの為にイベントナースをしている、というケースも沢山あります。

イベント事の規模によって異なりますが、大きなイベントの場合は、看護師が数人で救護室に待機をしています。

イベントの現場では、病院のように一日中患者さんが訪れるという事がないので、他のスタッフと会話をする事も多く、楽しみながら働けるというメリットがあります。

年間を通して、いろいろなイベントが開催されていますから、イベントナースの仕事は、季節に関係なくいつでも見つける事ができます。

ただ、イベントが開催される日程というのは決まっているので、自分の都合に合わせて仕事を入れたい、という場合は、シフトを入れるのが厳しいかもしれません。

イベントナースは、医療行為を行う事はほとんどないので、ブランクがある看護師や経験が浅い方でも、安心して仕事に入る事ができます。

救護室を訪れるのは、貧血や熱中症、体調不良、ケガの方がほとんどです。

救護室では、創傷処置やバイタルチェック、クーリング、既往歴の有無などの確認をしますが、医療機関の受診が必要な場合は、病院に搬送するので、高度な処置を強いられる事はありません。

スポーツイベントの場合は、ケガをする方のリスクが高いので、他の現場に比べると忙しいかもしれませんが、肉体的にも精神的にも楽な気持ちで働けるので、副業としてはお勧めの仕事です。

さらに、単発の仕事がほとんどで、一緒に働くスタッフもその都度変わりますから、人間関係のトラブルといった、余計なストレスを溜めずに働けるところも魅力です。

副業をする場合は、本業に支障がでないように、そして、できるだけストレスを溜めずに働ける業務内容でなければ、続ける事ができません。

イベントナースであれば、現場の雰囲気を楽しみながら、常に新鮮な気持ちで働けるので、副業にはお勧めです。

 - イベントナース派遣

  関連記事

イベントナースの給料

イベントナースの時給ではなく日給で書かれています。 イベントナースの給料は、時給 …