デイサービス看護師の求人に夜勤の単発派遣はあるの?

看護師派遣単発の口コミサイト

「 デイサービスの単発派遣 」 一覧

     

デイサービス看護師の求人に夜勤の単発派遣はあるの?

       

夜勤の単発派遣なんてあるの!?単発派遣ってどんな感じ?

夜勤の単発派遣があるって知っていますか?

ただし、一般的な派遣会社ではなかなか見つかりません。

一般的な派遣会社は、デイサービスやグループホームなどの介護系の求人がほとんどです。

求人数は結構多いけど、条件の良い求人は少ないと言う感じです。

また、週に5日勤務、1日6時間以上の条件で募集している所が多いので、ガッツリ働きたい方以外は向きませんね。

やはり看護師派遣会社に登録するのが一番だと思います。

私は、子供が学校の時はガツガツ働きたいけど、夏休みとかで長く休みが続く時は仕事に入れないので、派遣会社の求人だと働きにくくて・・・。

例えば夏休みの8月と、冬休み春休みがある1月や3月などは長期間の休暇が欲しい!

ママさんナースならこういう方が多いですよね??

ママさんナースにぴったりな条件だと、週末だけとか都合がつく時だけ、夜勤の単発派遣をするのはかなりおススメです。

私は主人の仕事が落ち着く夏や、土日が休みの時や連休の時などは、主人も子供を見てくれるので、たまに夜勤の単発派遣の仕事を入れています。

本当にたまにしか夜勤は出来ませんが、夜勤だと給料が高いからとっても得した気分になれるし、自分のお小遣いも増える!

夜勤の単発派遣は、看護師派遣会社を使って探すと良いですよ!

看護師派遣会社は看護師専門の求人支援会社なので、求人数がとても多いですし、単発や期間限定の求人など種類も豊富です。

夜勤の単発派遣は、主にはデイサービスなどのの介護系の職場と、個人病院などが多いです。

 

夜勤の単発派遣は1勤務(16時間)で2万円くらいの求人が多いですね。

デイサービスは、一般病院の夜勤バイトなどに比べると日給は安いのですが、仮眠は取れるし休憩も取れるので、十分かな?と思います。

ちなみに一般病院の夜勤バイトは、1勤務で3~4万円くらいが相場ですね。

デイサービスの看護師の仕事は楽しい?

デイサービスでの看護師が、結構のんびりしているように見えるのは私だけかしら?

内服や経管栄養の患者さんもいるので、そこは気をつけなきゃいけないけど。

基本的には単調な仕事だし、介助をすこし手伝うことがあるくらいで。

看護と介護がセパレートしているところでは、また違うんですが。

でも基本的に、医療行為が出来ない場所であること、ケアマネさんが最終判断をするなど、病院とは全く違う仕事であるので、病棟や外来でバリバリ働いていた看護師さんにとっては、すこし刺激が足りない、単発だから耐えられる仕事、なんて声もあります。

デイサービスでは介護職に主導権があります。

その分では、グループホームでの看護師さんのほうが、看護師さんらしいかもしれません。

でも子育てと両立しているママさんナースにとっては、わりと単調な仕事なので、あまり気負わずにできるかもしれませんね。

なんにしろ、デイサービスでのお仕事を探すなら、看護師派遣会社が役に立ちますよ。

登録すれば、自分のスタイルに合った勤務場所を簡単に探せます。

一度、試してみてはどうでしょうか。

     

デイサービス看護師のバイトと派遣の給料の違い

       

バイトと派遣でデイサービスの時給は変わります


デイサービスなどの介護系は、スタッフ不足の職場がほとんどなので、休み希望や曜日・時間の融通は利きやすいですね。

だた、介護系の職場は仕事は楽ですが、給料も安いのがネックです。

介護系の職場のバイトは、時給1200~1600円くらいが多いですね。

介護系の職場で働くなら、バイトではなく派遣の方が良いかもしれませんね。

同じ職場で同じ仕事をしても派遣の方が給料が高いですし、シフトの自由も利きますよ。

看護師派遣は、時給1800~2300円くらいが多いですね。

派遣の中でも、健診派遣は時給1500くらいが多いので、ちょっと派遣の中では安いかなと思います。

ちなみにバイトと言うとシフトの自由が利くというイメージが強いと思いますが、意外と週5日、1日6時間勤務などの条件の求人が多いですね。

バイトは、パートと同じ位置づけの事が多く、パートアルバイターなんて言われますね。

ママさんナースやダブルワークの方は、週に1回や月に1回しか働けない、1日2~3時間しか働けないという方が多いと思いますが、バイトの場合はそれほど条件の良い求人は少ないですね。

週1回、月に1回、1日2~3時間など条件の良い求人は、ハローワークやナースバンクでは見つからないと思います。

条件の良い求人は、看護師求人情報サービスを利用する事をおススメします。

比較的にシフトの自由が利く仕事は、デイサービスや訪問入浴、健診などの仕事です。

夜勤も可なら、夜勤バイトも良いですね。

デイサービス看護師の求人は常に募集しています

デイサービスは、スタッフ不足の事業所がほとんどなので、求人は随時出している所が多いですね。

デイサービスにも色々な種類があります。

認知症の方専門のデイ、一般的な高齢者のデイ、重症度の高い方のデイなどです。

大規模な事業所だと1日の利用者が100人の所や、小規模な所だと1日25人とか規模も様々ですね。

大規模な事業所はもちろん看護師の数も2~3名は必要ですから、バイトや派遣の看護師がいる事が多いですね。

認知症専門のデイは、利用者がごく少なく1日10人などの所が多いです。

大規模なデイサービスは、利用者が多いので、あまり上昇度の高い方は受け入れないので、要介護1~3位で、ある程度自立している方が多いです。

介護度が高くなったり、重症度が高くなる、認知症症状が表れて他人に危害を与えてしまう方などは、違うデイに行くように勧められる事が多いですね。

大規模なデイが一番おだやかに働けると思います。

認知症専門デイは、認知症看護に興味がある方にはお勧めなのですが、奇声や暴言・暴力など危険な事も多いので、本当に認知症看護を理解してこの仕事が好きな方でないと続かないと思います。

一般的なデイサービスは、仕事も単調で楽だと思います。

看護師の主な仕事は、バイタルチェック・入浴の可否判定・入浴介助・食事介助・胃ろうケア・BSチェックやインスリン注射の確認・PTやOTなどの訓練などです。

1日を通して穏やかな事が多く、余程の事がない限りは残業もありませんね。

スタッフも穏やかな方が多いので、精神的なすトレスも少ない職場だと思います。

     

デイサービス看護師の役割と忙しさについて

       

デイサービス看護師の役割

高齢化に伴って、デイサービスの看護師求人も増えてきましたね。

デイサービスの仕事は短時間のパート勤務や週1日~の勤務OKなどの単発派遣の募集も多いので、ブランクありの看護師さんや育児中の看護師さんが働いている率が高いです。

法律上デイサービスの施設には最低一人の看護師が常駐することが定められていますから、求人は沢山ありますが、仕事内容は介護職と大差はないですす。

看護師の役割としては、利用者のバイタルチェックや、入浴可否の判断、入浴や食事の介助といったことが主で、医療行為が必要となることは滅多になく、その点が気持ちが楽と考える方もあれば、看護師として物足りないと感じる方もあるかもしれませんね。

でも緊急時の応急処置などは看護師でなければできないことですし、利用者も看護師さんが居るということで安心感を持って下さる面もありますから、決してやりがいのない仕事ではありませんよ。

利用者は高齢者といえ、基本元気な方が殆どなので、お話相手になったり、レクリエーションに参加したりといったこともありますから、単調な仕事でもありません。

また、介護の現場では、介護士やケアマネとの連携も大事です。

場合によっては、相談員との連携も必要になってきます。

チームで利用者さんのニーズに応えることもデイサービス看護師の大事な役割だと思います。

多少時給面は低い傾向なのですが、時間等無理なく働きたいかた、高齢の方とお話しすることなどが苦手でないかた、福祉に関心が高いかたなどにはお勧めのお仕事ですよ。

デイサービス看護師の忙しさ

看護師というのは、子供の頃に憧れる代表的な仕事でもあります。

子供の頃に看護師のお世話になった事を機に、看護師を目指す方も多いですよね。

看護師というのは、患者さんの命を預かる仕事、常に健康管理をする仕事ですから、失敗は許されず、常に緊張感を強いられます。

体力的にも精神的にもとても大変な仕事です。

看護師は女性が働く他の仕事に比べると、給料面はかなり恵まれています。

ハードな仕事なので、業務内容に見合った給料だという事が言えますが、給料が高いという事が理由で看護師になった方も少なくないと思います。

看護師は、資格さえ持っていれば、いろいろな場所で活躍する事ができます。

特に、老人病院やデイサービスなどの福祉系の職場は、看護師が不足していますから需要が高いですね。

看護師の仕事は、働く職場によって業務内容が異なりますが、看護師が不足していて、ギリギリの人数で回しているようなところは大変です。

中には設置基準を満たしていない現場もあります。

本来、やってはいけないことなのですが、介護現場の深刻な人手不足により容認されてしまっているのが現状です。

ほとんど立ったままで休憩も取れず、他のスタッフに迷惑がかかってしまう為、少しくらい体調が悪くても休む事もできません。

病棟で働いている場合には、患者さんはもちろん、ご家族の方と関わりを持つ事も多いので、言動や行動に気を使う必要もあります。

このように大変な仕事ですが、患者さんからの感謝の言葉や、回復して元気に退院していく姿を見ると、日頃の疲れもどこかにいってしまいます。

患者さんに元気になってもらうのが、一番のやり甲斐に繋がりますね。

看護師の仕事は、人生経験が豊富な患者さんと接する事も多く、人間的にも成長する事ができます。

大変ですが、とてもやり甲斐のある仕事ですよ。

     

デイサービス看護師の業務内容

       

デイサービスのパートってちょっと物足りない・・・刺激がない職場かも!?

デイサービスや老人病院などの福祉系の職場では、病院やクリニック以上に、看護師不足が深刻になっています。

その為、常に多くの求人が出ています。

看護師の方には、出産するまでは病院やクリニックなどで働いていても、育児と仕事の両立が難しいため、出産後には比較的に仕事が楽な福祉系の職場で働くパターンも多く見られます。

私は、子育てと仕事を両立させたくて、デイサービスのパートを選択しました。

デイサービスというのは、体調が安定している高齢者の方や、介護が必要な方に対して、入浴や食事を目的として日帰りで行っているサービスです。

多くの方が集まるので、コミュニケーションの場にもなっています。

デイサービスでは、利用者の方が施設に到着したら、バイタル測定を行い、全体の状態をチェックして、入浴が可能かどうか判断します。

デイサービスでは、介護士の方が中心となって仕事が回っている状態です。

看護師は、食事や入浴の介助をおこなう場合もあります。

高齢者の方は、食事中の誤嚥に注意する必要がありますから、しっかり観察しています。

その他は、発熱や嘔吐をした際の対応や、家族の方への看護のアドバイスを行います。

このような仕事内容なので、病院で長い間働いていた方にとっては、物足りなく感じるかもしれません。

私も、働き始めた頃は、毎日がゆっくりしていて刺激がなく、このような感じでいいのかなと思う事が多々ありました。

しかし、ブランクや家庭がある方にとっては、無理なく働く事ができるお勧めの職場です。

始めは物足りないと思ったとしても、この仕事をしているうちに、利用者の方やそのご家族との信頼関係ができて、病院では味わえないやりがいを感じる事ができますよ。

デイサービスの看護師ならブランクがあってもOK


週末はデイサービスのバイトに行ってきました。

デイサービスには大規模な施設、小規模な施設、認知症専門施設などいくつかに分かれます。

大規模な施設では1日100人の転院など、利用者さんがとても多く、その分スタッフも多いです。

利用者さんは、介護度が4や5の方は1日に2~3名ほどで、それ以外は要観察程度の身の周りの事は自分で出来る自立をしている方がほとんどです。

中規模や小規模の施設になるとスタッフは少なくなります。

介護度が高い方の受け入れについては、その施設に看護師が確保出来るのか?などの条件で受け入れ体制が変わってきます。

私が何度かバイトで行った事がある大規模施設では、1日の受け入れは100人、介護度の高い方は1日2人までと言う感じでした。

スタッフは看護師は常勤が1人、パートが2人、それ以外は派遣やバイトの看護師が1~2人と言う感じです。

2フロアーに分かれていて、50名・50名をスタッフを2チームに分けて看ます。

デイサービスの場合は、介護度の低い方は毎日の様にデイサービスを利用する事は出来ないので、週に1~2回の利用の方が多く、介護度の高い方は週に3回4回と利用されています。

私も毎日仕事に行くわけではありませんし、利用者さんも日によってメンバーがガラリと変わるので、名前と顔も一致しません(T_T)

それでも、介護度の低い自立した利用者さんがほとんどなので、看護師はバイタル測定と健康観察や作業療法のお手伝いが主な仕事なので、特に困る事もありません。

医療行為はほとんどなく、1日に2人ほど経管栄養の方がいたり、寝たきりでオムツ交換やデクの処置のある方がくる程度です。

デイサービスなら医療行為もありませんからブランクがあっても大丈夫ですし、残業もなくシフトの希望も自由なのでママさんナースにも働きやすい職場ですよ。

     

デイサービス看護師のメリット

       

ブランクが長い看護師さんにおすすめなデイサービスの理由

多くの看護師は、出産を期に育児に専念する為に、一旦職場から離れています。
そして、何年かのブランクの後に、仕事に復帰しているというケースが多く見られます。
看護師の中には、資格さえ持っていればいつでも仕事に復帰する事ができるし、ブランクがあっても無理なく働く事ができる仕事はいくらてもある、
と思っている方もいますが、逆に、ブランクがある事によって、仕事に復帰する際に、かなりナーバスになってしまう方もいます。

確かに、看護師の資格を持っている事で、いろいろな働き方を選択する事ができます。
いろいろな職場がある中で、ブランク看護師がスムーズに仕事に入る事ができるのは、福祉系の仕事です。
その中でも、デイナービスの仕事は、よほどの事がない限り残業がありませんし、時間の融通も利きます。
医療行為をする事も少ないので、ブランク看護師が仕事に復帰するのにはお勧めの仕事の一つです。

デイサービスというのは、在宅介護をしている方が機能訓練をしたり、社会との関わりを持つ事で、認知症の予防や進行を防いだり、
さらに、介護をしている家族の負担を軽減するといった場でもあります。
デイサービスでの看護師は、利用者の方の健康管理の他に、コミュニケーションをとる事によって、体調不安の相談にのったり、
介護をしているご家族の悩みを聞いたり、といった事が主な仕事となります。

病院で勤務している時と違い、患者さんやご家族の方とじっくりと関わる事ができる仕事です。
バタバタした雰囲気がなく、ゆっくりと時間が流れている感じなので、無理する事なく、少しずつ仕事のペースを掴む事ができると思います。
デイサービスである程度仕事のペースを取り戻してから、希望の職種に就く事をお勧めします。

 

デイサービスでの急変対応について

デイサービスは、体調が安定している方が、入浴や食事、それにレクリエーションを楽しみに利用しているところです。
体調が悪い時には、デイサービスはお休みしてもらっているんですよ。
だから、ほとんどの方は医療を必要としていない状態なんですけど、高齢者なので、いつ急変が起こるかわかりません。
基礎疾患を持っている方がほとんどで、多くの方は、高血圧です。
脳梗塞や、再梗塞を起こす方もいるし、心疾患を持っている方の場合は、突然の心不全もあるんですよ。
その他にも、低血糖や高血糖による昏睡、腸閉塞が原因で、突然の嘔吐や意識レベルが下がる事もあるんです。
排便の時にも、そのショックで嘔吐や冷や汗、意識消失を起こす事もありますね。

デイサービスで急変があった場合には、まずバイタルを測定していますね。
それから、全身状態を観察して、異常がある場所を確認しています。
ケアマネに報告して主治医に連絡を取ってもらって、必要があれば、病院に救急搬送しているんですよ。
デイサービスの中では医療行為はほとんどできないので、病院へ搬送するケースがほとんどなんです。
病院に搬送された時には、家族が来るまで看護師が利用者の方に付き添っているんですよ。

急変が起きた時には、とにかく迅速に対応する事が大切ですよね。
迅速な対応をする事が、利用者の方の予後を左右する事になるので、看護師の役割はとても大きいんです。
看護師と介護士、ケアマネとの連携もとても大切なんですよね。
どんな状態であっても、看護師は常に冷静に対応して、介護士に指示を出す事がとても大切なんですよ。
デイサービスにはドクターが常勤していないので、急変時には、看護師の存在はとても重要ですよね。