検診派遣は時給が安い?

看護師派遣単発の口コミサイト

「 健診の単発派遣 」 一覧

     

検診派遣は時給が安い?

       

検診派遣は仕事が楽だけど給料は安いです。

私が派遣看護師をしている理由は、民間病院の常勤看護師なんですが、夜勤を入れても手取りが22万くらいで、とても貯金が出来ないんです。

将来、こうしたいなぁという夢があるのですが、貯金出来ないとその夢も遠くになっちゃうので、ダブルワークで、単発バイトを入れています。

今までにやった派遣は、介護系が多く、病棟、採血、健診、イベントナースもやりました。

単発バイトは、短時間、短期間、1日単位でも仕事があって、自分の都合で働くことが出来るので、とても助かります。

短時間で時給良く、残業もなく、というバイトでおススメは、訪問入浴です。

やや重労働ですが、高度な医療行為はないので、精神的に楽です。

気持ちは疲れず、体の疲れだけなので、一晩ですっきりです。

私が働く所は時給2500円で、日給1万円以上はいけるので、とても良いですよ。

健診は楽でしたが、時給が安いし、一緒に働くスタッフもやや多いので、私にはちょっと向いていませんでした。

派遣で稼いだお金でこつこつと貯めていきたいと思っています。

健診派遣の看護師の仕事

常勤と言うと、身分が安定していて、毎月ある程度の給料を貰えて、福利厚生も充実していて、年休や公休もあって良いな~と言うイメージを持つ方が多いと思います。

私も以前は常勤は素晴らしい神話を信じていました。

確かに常勤は、特に公立病院などは身分が安定していて、基本給も高くボーナスも出ます。

でも、プライベートを犠牲にする部分が必ず出てきます。

責任も付いて回りますし、職場の人間関係やストレス、家庭と仕事との両立、自分の時間、友達との関係など沢山の犠牲が出てきます。

健診というのは、病院などに併設されている健診センターや疾病予防センター、健診車で学校や企業を回る仕事です。

派遣の場合、健診センターの募集はほとんどなくて、健診車や疾病予防センターでの仕事が主になるんですよね。

健診は、仕事がある時期が限られてしまうのがちょっと不便です。

健診センターで働く場合には、1年中仕事があるんですけど、健診車での仕事の場合、ほとんどの仕事が春から夏にかけて集中しているので、秋から冬の時期はほとんど仕事がありませんね。

だから、健診派遣をしている方のほとんどは、ダブルワークをしています。

健診の仕事は、健康な方が対象となるので、病院で働く事を考えると、業務内容は楽なんですよ。

比較的に規則通りに仕事が進むので、残業はほとんどなくて、働きやすいと思うんです。

でも、がん検診の仕事は慣れるまでに時間がかかってちょっと大変です。

通常の健診とは違って、検査項目が多くて、検査する箇所によって、それぞれ検査の方法が異なってくるんですよね。

検査機器の扱い方や検査の手順をすべて把握していないと、スムーズに検査を進める事ができないから、最初はキツいと思うんです。

がん検診の仕事をする場合には、少しでも早く慣れる為にも、コンスタントに仕事を入れた方がいいかもしれないですよ。

健診では、検査がスムーズに行われるように、患者さんを誘導したり、検査技師の介助をするのが看護師の仕事なんですけど、実際に検査を行うのは技師の方なので、慣れてしまえば精神的に楽な仕事です。

残業がなくて、土日に休む事ができて給料も高いので、派遣を選択する看護師は沢山いますよね。

健診は、派遣看護師には人気があり、定番となっている仕事です。

     

検診派遣がなくなる季節の看護師派遣の求人はどうする?

       

検診の仕事は、4月から10月がピーク

検診のお仕事は仕事内容も非常に楽で、子育て中のママさんナースや、定年を迎えた年配のナースにとっても働きやすい仕事です。

検診の仕事内容は主に問診や、血圧測定、採血です。

ブランクのあるナースにもハードルの低い仕事内容です。

また、週末は休みですし、ゴールデンウィークや盆も長く連休がもらえます。

中には子供の夏休み期間や、田植えの時期は長期休みを取る方もおり、働き方に自由な選択があり、プライベートを重視させたい方にはもってこいのお仕事です。

ただし、検診の仕事は、4月から10月がピークです。

秋を過ぎるとほとんど仕事がなくなります。

最近は、冬場の仕事もあるようですが、ほとんどの人が冬は仕事がありません。

秋に仕事が終わると、失業保険がすぐにおります。

中には、それをもらってすぐに冬場だけ他のパートをする方もおります。

元々、クリニックでのパートと掛け持ちの方も多くいますから、そういった方は冬場はクリニックのパートだけで過ごされる方もいます。

また、検診で働く派遣ナースや、一般のパートの人たちへナースの求人情報がよく集まります。

クリニックや病院も、冬場仕事がないナースを狙い声をかけてきます。

職業安定所に出すよりも、お互いにリスクが少ないという事もあるからでしょうか。

やはり、人伝いですからこちらも病院などの情報は詳細に聞く事が出来ますし、病院側でもその人の情報を聞く事が出来るため、失敗が少ないです。

それだけでは不十分な場合は、看護師派遣会社を利用するとよいと思います。

そういった事から、冬場だけ他のクリニックなどでパートをする方もおりますし、中にはきちんと常勤として働かれる方もおります。

私も、検診事業団の上司から保育園でのナースのお仕事をしないかと声をかけていただき、冬場だけというお約束で働きました。

しかし、春以降も続けて欲しいとの事で、しばらく保育園で働く事になりました。

検診事業団でもそういった事は理解していますから、退職される時も、また手が空いたら来てくださいね、と快く受け入れてくれます。

そういった事から、転職のつなぎで働かれる人もおりますし、来年度も検診の仕事をするため冬場は仕事をされない方もおります。

冬場の過ごし方も人それぞれ、自分にあった過ごされ方をしていますね。

健診バイトと育児の成功例

看護師さんが結婚や出産を機に一旦仕事から離れ、再度仕事に復帰するときの仕事として人気の仕事の一つに健診派遣があります。

主に春や秋に企業や学校で行われる健康診断での業務なのですが、体重や身長測定、血圧測定、採血などをする仕事です。

ここで働いている看護師さんのほとんどは、アルバイトやパート、派遣で来ている人達で、この健診バイトは看護師さんの単発バイトと呼ばれる雇用形態の一つです。

拘束時間も短く、自分の空いた時間を使用して働くことの出来る検診派遣は、育児中の看護師さんに人気の仕事です。

育児中の看護師さんで健診派遣をしている人の感想です。

健診バイトはとても働きやすいです。

健診バイトは子供が幼稚園に言っている短時間から仕事がありますし、自分の自由にシフトが組めるので、小さい子供のいる私にはとても助かります。

残業もないですし、私のように頼る人のいない人にはとてもおすすめです。

転職、求人サイトに登録しておけば、健診派遣の仕事は簡単に見つかるようです。

常勤での勤務が難しい育児中の看護師さんにとって、自分の空いた時間を利用できる健診派遣はとても理想的な働き方といえそうですね。

 

     

看護師健診の仕事

       

単発派遣におすすめな看護師健診の仕事

単発派遣はいろいろあって、同じ仕事でも、職場によって給料や仕事内容が違ってくる場合がありますから、お勧めの派遣を紹介するのは難しいですね。

私は、いろいろな単発派遣をやっていますが、それぞれにメリットでメリットがあります。

その中でいくつかの単発派遣を紹介しますね。

一番給料が高くて、募集が多いのが、訪問入浴です。

でも、この仕事は給料は高いんですが、ハードな仕事です。

それぞれのお宅によってやり方があるので、神経を使う事もあります。

ただ、時間が決められているので、残業はほとんどないですね。

検診派遣は、検診車の仕事であれば、内容が簡単なのですぐに慣れる事ができますが、1年中仕事があるわけではありません。

がん検診などは、検査項目が多く、使う機器も多いので、単発で仕事をするのは難しいかもしれませんね。

覚えるまでには時間がかかります。

単発で多いのが老健やデイサービスなどの、福祉系の仕事ですね。

これらの仕事は給料は安いんですが、落ち着いている職場ばかりなので、精神的に楽ですね。

マイペースで仕事をしたい方には向いていると思いますよ。

クリニックや外来の仕事は、求人数は少ないですね。

看護師としての仕事ができるんですけど、チームワークを必要とする職場なので、単発だとスムーズに仕事をするのが難しいです。

急性期の職場などは忙しいので、残業も多く、バタバタしていますね。

単発派遣は、給料が高く、その場限りの仕事がほとんどなので、少しくらい大変でも我慢する事ができますよね。

人間関係も気にする事がないので楽です。

いろいろな種類のバイトを経験していくうちに、自分に合った仕事が見つかるかもしれませんよね。

看護師の検診の仕事は大変?

子育て中のママさんナースや、親の介護のある方、年配の方など病院やクリニックの仕事は、時間的にキツイとか、体力的にキツイ…などという事がありますね。

検診の仕事であればわりと働きやすく、そういった方が多く働いています。

検診の仕事は残業も少なく、短時間ですからプライベートを重視した働き方ができますね。

勤務形態も、時給制や日給のパート、月給制の嘱託職員など選ぶ事が出来ます。

早朝検診や夜間検診もありますが、それぞれの都合により早朝検診や夜間検診は外してもらう事もできます。

逆に、朝9時で仕事が終わる早朝検診だけを希望される方もいますね。

その方は、朝仕事が終わると、一日ゆっくりと有意義な時間の使い方が出来るためと話していました。

そういった細かい希望も叶えてもらえる仕事は、とても働きやすいですね。

検診におけるナース業務は、特に難しい事はありません。

問診をとったり、血圧測定や採血がメインです。

学校検診などでは、貧血検査や心電図検査もありますが、どちらもじぜんにしっかりと研修がありますから安心です。

血圧測定や採血なら、ナースの資格を持っていれば誰でも出来ますよね。

臨床経験がない方も結構いますから、ブランクの長い方にも無理なく働けますね。

採血が苦手…という方は、問診や血圧測定を優先的に行えます。

私は逆に、採血が好きでしたから、採血を専門にやっていました。

ですから、検診におけるナースの業務としてはとくに大変な事はありませんね。

ただ、検診の仕事は検診会場を移動して歩く仕事ですから、機材などすべて運ばなければなりません。

検診会場が二階でエレベーターがない所もありますし、そういった場合はかなりの力仕事になりますね。

男性の職員もいますが、ほとんど女性のスタッフになりますから、みんなで極力して運んでいます。

唯一大変なのはそのくらいかと思います。

人間関係なども、女性の多い職場ですからそれなりにはあります。

しかし、一日に何箇所も検診を行っており、それぞれに別れて移動していますから、同じ人と常に顔を合わせる事はほとんどありません。

ですから、人間関係もそう気に病むほどのことは起きませんね

     

学校健診の看護師単発派遣

       

看護師学校健診派遣のデメリット?

学校健診の派遣看護師はメリットが多い仕事として人気の高いお仕事です。

ライフスタイルを重視した働き方ができる上に、時給も高いため、子育て中のママさんナースでも働きやすい仕事なんですよね。

しかし、そんなメリットの高い学校健診派遣にもデメリットはあります(´・Д・)」

学校健診派遣は、冬期間仕事がないのです。

学校健診派遣は、ほとんどが4月から11月くらいまでの仕事となっています。

秋に入ると健診の数はぐっと少なくなってしまいます。

最近は冬期間も仕事がある事業所もありますが、数は少ないため最盛期の春から夏の間ほどの仕事はありません。

そうなると、年間を通して安定した収入が望めないというデメリットがあります。

派遣の仕事として働く分にはとても条件の良い仕事なのですが、家計を支える仕事としては不向きになりますね。

冬場は他の仕事を探さなくてはならないなどとなると、やはり長年働くことが難しくなります(;´Д`A

また、学校健診の仕事は精神的にも肉体的にも負担の少ない仕事と言われていますが、臨床経験を積むことが出来ないんですよね。

単調な仕事ですから、病院の看護師としてバリバリ働いていた人には物足りなさを感じることもあると思います。

看護師の仕事って、苦難が多いからこそやりがいにつながっていますよね。

看護師としての経験を積めない、やりがいを感じられないなどというデメリットがありますね。

また、採血では看護師一人あたり、数十人から100人近い人数の採血を行うこともあります。

採血は非常に神経を使うため、朝から夕方までひたすら採血をし続けるということに気疲れしてしまうこともありますね。

 学校健診の看護師派遣の人間関係

職場の人間関係って本当に憂鬱になりますよね(T ^ T)

人間関係のトラブルに悩み退職って実は結構ありがちじゃないですか?

そういった職場の人間関係トラブルからうつ病を引き起こしたり、トラウマを持っている人もいるんですよね。

人間関係が辛くて仕事を辞め、トラウマでなかなか再就職出来ずにブランクが出来てしまうナースもいます。

そういった人間関係トラブルのない職場ってなかなかないですよね。

しかし、そんな人間関係トラブルにトラウマのあるナースも、学校健診の仕事はわりと楽に働けているんですよ(^o^)

学校健診の仕事は、1日の中でも数箇所に別れて検診を行っているんです。

だから毎日仕事をするメンバーも違うんです。

学校健診のスタッフは、沢山の人が嘱託やパート、バイト、派遣と様々な働き方で登録しています。

だから、出勤日も人それぞれ、派遣される学校も様々…。

同じスタッフと月に何度も顔を合わせることなんてほとんどないんです。

毎回違う顔ぶれのメンバーだから、確執やイジメなど起こりにくい環境なんですよね(^ ^)

そんな環境でも人間関係トラブルが起こることはあります。

しかし、そんな時は同じ学校の派遣を避けてシフトを作ってもらうこともできます。

病院やクリニックでは、それはできませんよね。

いつも同じ顔ぶれで、いつも顔を合わせなくてはならないから、人間関係におけるトラブルで苦しむことになります。

仕事をこなすことだけでも体力を消費するのに、そうのような人間関係で心労も重なると全てが大変に思えてきますよね。

学校健診の仕事ではそれがないだけでもかなり楽な仕事と言えます。

     

健診センターの看護師単発派遣

       

健診センターがブランクナースにおすすめな理由


看護師の仕事は、病院やクリニックで働く以外にも、いろいろな場所での需要があります。
その一つに健診センターのパートがあります。

健診センターというのは、人間ドックを行っているセンターの事で、希望により半日ドック、一泊ドックがあります。
夏休みなど、時期によっては、患者さんの人数が多くなりますが、通常は4、5人程度の患者さんのところがほとんどですから、仕事は楽ですね。
健診センターは、土曜日は半日ドック、日曜祝日は休みというところがほとんどで、平日はゆったりとしているため、余裕を持って働く事ができます。

健診センターでの看護師の主な仕事は、患者さんへの検査の順番などの説明、施設内の案内、それに採血やバイタルチェックです。
胃カメラ、レントゲンなどは全て技師の方が行うので、看護師は検査がスムーズに進むように介助するのが仕事です。
看護師が直接医療行為をする事はまずありませんね。

健診センターでは、ドクターや技師、そして看護師が働いていますが、ほとんどの方がバイトやパートです。
健診センターでの仕事は、病院などの仕事に比べるととても楽なんですが、給料が高いという事でも人気がありますね。
時給1900円というセンターもあります。

日曜祝日が休みで、残業もなし、直接医療行為を行う事もなく仕事内容が楽なので、ブランクがある看護師でも安心して働く事ができます。
時間通りに規則的に働く事もできるので、ママさんナースも無理なく働く事ができますよね。

バリバリ働きたいという方には物足りないかもしれませんが、プライベートを重視したい方や、子育てと仕事を両立させたい方には、おススメの働き方だと思います。
実際に、多くのママさんナースが働いています。

健診センターの仕事と子育ての両立は可能?

結婚や出産で病院を退職するナースって結構多いですよね。

私も病棟勤務をしていましたが、結婚をきっかけに退職したんですよね。

病棟勤務って、夜勤も多いし、残業も多いし、家庭と仕事の両立は無理だろうなって思ったんです(;´Д`A

子供が産まれたら、独身でもキツイ仕事を続けるのは、よほど家族の協力がないと無理ですよね。

うちは、核家族で義両親や両親とは一緒に暮らしていないから、夜勤や残業のある仕事は難しいんです。

でも、やっぱりこのご時世、旦那さんだけのお給料でやりくりするって大変ですよね。

少しは家計の足しになればと、子育て中でも働ける看護師の仕事を探したんです。

そこで勧められたのが検診センターの派遣看護師でした。

検診センターの仕事って土日が休みだし、残業はほとんどないって言われたんですよね。

病院やクリニックのパートやバイトも探しましたが、うちみたいな環境で働くにはちょっと無理があるなって感じたんですよね。

病院はシフト制ばかりで土日も仕事があったり、外来を希望しても、救急外来があるからやっぱり土日の勤務を避けられないですよね。

クリニックは、たとえパートであっても残業が多くてキツイとか、休み希望をもえないことが多いですよね。

その点、検診センターの仕事は土日休みですから、助かりますね(^ ^)

それに、自分の働ける曜日や、週に何回、勤務可能な時間帯など伝えておけば、それに合わせたシフトを作ってくれるんですよ(-_^)

子育て中は、子供の保育園行事や学校行事、予防接種、健診など平日の予定も盛りだくさんですよね。

そんな時、休みが取りやすい検診センター派遣は働きやすいなぁって思いますね。

それに、残業がないのも助かります。

子供の保育園のお迎えや、学童保育のお迎えの時間がありますから、残業の多い仕事は困りますよね。

看護師としてバリバリ働きたい人には、ちょっと物足りない仕事かもしれないけど、子育てとの両立のしやすい仕事ですよd(^_^o)