看護師健診の仕事

看護師派遣単発の口コミサイト

「 看護師派遣単発の仕事 」 一覧

     

看護師健診の仕事

       

単発派遣におすすめな看護師健診の仕事

単発派遣はいろいろあって、同じ仕事でも、職場によって給料や仕事内容が違ってくる場合がありますから、お勧めの派遣を紹介するのは難しいですね。

私は、いろいろな単発派遣をやっていますが、それぞれにメリットでメリットがあります。

その中でいくつかの単発派遣を紹介しますね。

一番給料が高くて、募集が多いのが、訪問入浴です。

でも、この仕事は給料は高いんですが、ハードな仕事です。

それぞれのお宅によってやり方があるので、神経を使う事もあります。

ただ、時間が決められているので、残業はほとんどないですね。

検診派遣は、検診車の仕事であれば、内容が簡単なのですぐに慣れる事ができますが、1年中仕事があるわけではありません。

がん検診などは、検査項目が多く、使う機器も多いので、単発で仕事をするのは難しいかもしれませんね。

覚えるまでには時間がかかります。

単発で多いのが老健やデイサービスなどの、福祉系の仕事ですね。

これらの仕事は給料は安いんですが、落ち着いている職場ばかりなので、精神的に楽ですね。

マイペースで仕事をしたい方には向いていると思いますよ。

クリニックや外来の仕事は、求人数は少ないですね。

看護師としての仕事ができるんですけど、チームワークを必要とする職場なので、単発だとスムーズに仕事をするのが難しいです。

急性期の職場などは忙しいので、残業も多く、バタバタしていますね。

単発派遣は、給料が高く、その場限りの仕事がほとんどなので、少しくらい大変でも我慢する事ができますよね。

人間関係も気にする事がないので楽です。

いろいろな種類のバイトを経験していくうちに、自分に合った仕事が見つかるかもしれませんよね。

看護師の検診の仕事は大変?

子育て中のママさんナースや、親の介護のある方、年配の方など病院やクリニックの仕事は、時間的にキツイとか、体力的にキツイ…などという事がありますね。

検診の仕事であればわりと働きやすく、そういった方が多く働いています。

検診の仕事は残業も少なく、短時間ですからプライベートを重視した働き方ができますね。

勤務形態も、時給制や日給のパート、月給制の嘱託職員など選ぶ事が出来ます。

早朝検診や夜間検診もありますが、それぞれの都合により早朝検診や夜間検診は外してもらう事もできます。

逆に、朝9時で仕事が終わる早朝検診だけを希望される方もいますね。

その方は、朝仕事が終わると、一日ゆっくりと有意義な時間の使い方が出来るためと話していました。

そういった細かい希望も叶えてもらえる仕事は、とても働きやすいですね。

検診におけるナース業務は、特に難しい事はありません。

問診をとったり、血圧測定や採血がメインです。

学校検診などでは、貧血検査や心電図検査もありますが、どちらもじぜんにしっかりと研修がありますから安心です。

血圧測定や採血なら、ナースの資格を持っていれば誰でも出来ますよね。

臨床経験がない方も結構いますから、ブランクの長い方にも無理なく働けますね。

採血が苦手…という方は、問診や血圧測定を優先的に行えます。

私は逆に、採血が好きでしたから、採血を専門にやっていました。

ですから、検診におけるナースの業務としてはとくに大変な事はありませんね。

ただ、検診の仕事は検診会場を移動して歩く仕事ですから、機材などすべて運ばなければなりません。

検診会場が二階でエレベーターがない所もありますし、そういった場合はかなりの力仕事になりますね。

男性の職員もいますが、ほとんど女性のスタッフになりますから、みんなで極力して運んでいます。

唯一大変なのはそのくらいかと思います。

人間関係なども、女性の多い職場ですからそれなりにはあります。

しかし、一日に何箇所も検診を行っており、それぞれに別れて移動していますから、同じ人と常に顔を合わせる事はほとんどありません。

ですから、人間関係もそう気に病むほどのことは起きませんね

     

ツアーナース体験談

       

ツアーナースの仕事!中高の修学旅行はどんな感じ?

ツアーナースの仕事の中に、中高の修学旅行に同行する仕事がありますよね。

私はツアーナースの仕事を何回かやった事がありますが、数ある単発派遣の中でも一番気に入っています。

ツアーナースの仕事にもいろいろあって、近場に出かける自然教室に同行する仕事もあります。

山や湖に出かける場合が多く、ハイキングやキャンプファイヤー、山登りなど、まさしく自然の環境の中で過ごすので、ケガや体調不良などを訴える生徒が多いですよね。

でも、修学旅行は、自然環境にいくわけではないので、大きなケガはないし、体調不良と言っても乗り物酔い程度の軽い症状です。

それに、先生や、看護教諭が必ず同行しているので、看護師の自分一人で判断をしなければいけないという事はないんですよね。

一般の病院で働いている時に比べると、精神的にとても楽なんです。

それに、独身の私は、泊まりのツアーナースの仕事も、何の支障もなく受ける事ができます。

好奇心があって、いろいろな場所で働きたい、と思っている方にはピッタリの仕事だと思いますよね。

働く場所はいろいろだし、仕事を共にする相手もいつも違うので、新鮮な気持ちで働く事ができるところもメリットです。

人間関係が面倒臭い、と思っている方にとっては最適じゃないかと思うんですよね。

トラブルが起きた時に対応出来るように、看護師としての知識や技術がないと、単独で安心して働く事はできませんが、経験がある看護師であれば気楽に働く事ができますよ。

看護師の出番がない時もありますから、生徒と一緒に観光を楽しむ事もできますよ。

拘束時間は長いかもしれないんですが、自由にできる時間が多いし、仕事内容にしてみれば高給の仕事だと思いますよ。

企業の慰安旅行のツアーナースはどんな感じ?

これまでツアーナースやイベントナースなど、バイトはいくつかしてきたのですが、いつも看護師派遣会社にお世話になっています。

こんな単発の看護師派遣の仕事なんて、ハローワークやナースバンク、求人誌にはまず載っていないですよね。

非公開求人といって、ハローワークなどで紹介される公開求人とは質が違うみたいです。

人気のある好条件の非公開求人は、ハローワークなどで紹介される前に、看護師派遣会社などで一杯になってしまうんですね。

いつもは個人病院で勤務しているのですが、空いた時間をツアーナースや夜勤バイトなどを紹介してもらってやっています。

担当のコンサルタントさんもとても丁寧ですし、サポートをしっかりしてくれます。

夜勤のバイトは週1くらいで今はしているのですが、あまりに激務な職場は通常の勤務に差し支えるので、あまりハードでない、老人病院の夜勤を紹介してもらいました。

自分の希望の職場がスピーディーに見つかるので、看護師派遣会社はこれからも利用していきたいですね。

看護師派遣会社は、メリットしか載っていない求人誌やハローワークと違い、実際の職場でのマイナス面も教えてもらえるから、これまで失敗したな、と思った職場はないですね。

     

クリニックの看護師の悩み

       

クリニックの看護師派遣ってどうかな?

一般病院に比べると、クリニックというのは小規模な職場の為、比較的に業務が楽で働きやすいといったイメージがあるかと思います。

実際に働きやすいクリニックもありますが、実は、一般病院で働くよりも大変かもしれません。

というのも、クリニックの場合は経営上の問題から、ギリギリのスタッフで業務を回しているところが多いのです。

スタッフの人数に余裕がないので、残業も多くなかなか休みが取れないといった状況です。

一人でも休んでしまうと業務に支障が出てしまう場合もあります。

クリニックにもいろいろな科がありますが、小児科は忙しくて大変です。

ママさんナースの場合、自分が子育てをしているという事もあり、小児科クリニックを選ぶ方が沢山います。

クリニック側も、ママさんナースであれば子供の扱いに慣れているという考えから、ママさんナースを募集しているところが多いのは事実です。

しかし、子供というのは大人と違い我慢ができないので、診察にとても時間がかかります。

それに、お母さんが仕事が終わった後、診察終了間際にやってくる患者さんが多く、毎日がほとんど残業です。

確かに、業務内容はドクターの診察の介助がほとんどなので、難しい医療行為をする事はありません。

ただ、仕事量がとても多いのです。

しかし、小児科クリニックのように、忙しいところばかりではありません。

科によっては、残業がほとんどなくて落ち着いて業務ができる所もありますから、クリニックで派遣看護師をしたいという場合、職場選びは慎重に行う必要があります。

仕事が楽だと思ってクリニックに転職しても、逆に病院よりも忙しいようでは、転職した意味がなくなってしまいます。

人間関係も合わせて、事前にチェックする必要がありますね。

クリニックでの仕事とママさんナース

家庭や育児の両立のために、病院からクリニックへ転職される方って多いですよね。

私も結婚後クリニックへ転職しました。

一緒に働いていたナースもそうでした。

総合病院の病棟に勤務していた頃は、毎日残業でしたし、連休もなく、とにかく仕事をこなす事で日々いっぱいいっぱいです。

独身の頃はそれでも良かったのですが、やはり家庭を持つとそうはいきません。

掃除や料理も毎日しなくてはいけませんし、旦那さんや、子供のお弁当だって作ってあげたいですよね。

保育園の送り迎えも必要になりますし、保育園の行事や学校の行事などプライベートも忙しくなります。

そうなると、夜勤などで不規則な病棟勤務では不都合です。

よほど、旦那さんやその家族に理解がなければ続ける事は難しいかなって思います。

その点クリニックでしたら、休みはカレンダー通りですし、たいてい盆休みや正月休みもあります。

保育園の休みはおうちにいる事が可能ですね。

夜勤もありませんし、クリニックならたいてい17時半くらいで受付も終了しますから、さほど遅い帰りにはなりません。

ママさんナースにとっては都合の良い勤務形態です。

また、病棟のようにオムツ交換や体位交換、処置、シーツ交換、浴室介助などといった力仕事もあまりありませんから、体力的にも楽になります。

子供が小さいうちは、家庭での体力消費が大きいですから、仕事で体力を使い果たしてしまうと大変ですよね。

そういった意味でも、病院に比べるとクリニックの方が働きやすかったりします。

ただ、急なお休みなどに関しては、少人数のクリニックは休みづらいですね。

病院のように大人数の職場であれば替わりのスタッフもお願い出来ますが、ローテーションではないクリニックは、常に全員出勤しています。

子供は、急に熱を出したり、体調不良はしょっちゅうです。

クリニックによっては、そういった事は困ると募集段階で断るところもありますね。

クリニックと病院を比べると、メリット、デメリット、両方ありますが、あとはクリニックの詳細な情報をよく調べてから就職するといいですね。

     

看護師派遣の採血の仕事内容

       

採血派遣の仕事内容

看護師の仕事先となる場所は大学病院や一般病院、クリニックなどたくさんありますがそういった病院関係だけではありません。

病院内であれば病棟の他にも外来だったり手術室やイベント会場の救護、検診会場、採血などの看護業務補助といった派遣先があるのです。

これは、雇用形態となるアルバイトやパート、派遣などによって時給が変わってきますし、月給などもそれぞれ変わってくることになります。

私は現在、常勤の看護師業務ではなく派遣看護師として採血の仕事の看護業務や受付、採血の看護業務だったり検診先での採血をする仕事をこなしています。

採血のために訪れた方の受付や説明、看護業務など決められた仕事をしていくだけですから体力的な負担がかかってしまうといったこともありません。

派遣会社に登録さえしておけば複数の仕事を請けることが可能ですし、派遣という働き方は、アルバイトやパートとして採用されて働くよりもずっと効率がよく時給も高くなります。

ただ忘れてはいけないのは6ヶ月間の派遣期間が切れてしまう前に必ず更新をしておかなければならない事、同社からの派遣看護師が多い場合アルバイト扱いになってしまう事です。

看護師専門の就職・転職サイトに登録しておくと自分の条件に見合った仕事先が見つけやすくなり、面接から採用までのサポートをしてもらえるのでとても便利です。

臨床検査科での時給の高い採血のお仕事を看護師派遣会社で見つけました!

私は以前、一般病院の内科、中でも糖尿病などの患者さんを多く扱う代謝科に勤務していました。

その知識や経験を活かしながら働きたいと思い、東京で看護師派遣をしているんですよ。

以前は病院勤務をしていましたが、子育て中だから、病棟勤務は両立が難しくて退職したんです。

しかし、子育て中だからと専業主婦で収入がないと家計がキツイんですよね。

それで、看護師派遣を探したんです(^_^)

看護師専門の派遣会社では、高額時給、高待遇のお仕事が多くあるんですよね。

そこで見つけたのが、今務めているクリニックの日勤だけの看護師派遣なんです。

中央区にあるそのクリニックは、東京駅八重洲口から徒歩3分のところにあるから、通勤も便利なんですよ(^_^)

また、そのクリニックでは、生活習慣病や減量に悩んでいる患者さんの医療を行ったり、ガン治療、免疫細胞療法、海外渡航検診などを行っているんです。

健康診断も行っていて、様々な疾患を調べるために、沢山の採血項目があるんですが。

さらに、今後治験も行っていくために、採血業務の募集を行っているんです。

外来での採血業務で、残業はほとんどないんですよ。

日勤だけの仕事で、残業もないなんて、子育て中のママさんナースには最適お仕事なんですよね。

しかも、クリニックはとても綺麗だし、病棟勤務の頃に比べると、穏やかに仕事に取り組めています(^_-)

時給は1800円以上と高額時給で交通費も全額支給と高待遇なんですよね。

4週8休のシフト制ですが、勤務時間については相談にのってくれます。

     

クリニックの看護師単発派遣の体験談

       

クリニックの単発派遣の体験談(#^.^#)

私は夜勤の単発派遣を何度もしてきました。

今は下の子はまだ保育園なのですが、主人が連休の時や自分の都合がつく時に単発で夜勤の仕事をしています。

単発なので自分の都合の合わせて仕事が入れやすく、また夜勤なので給料も高いので、主人に預けられる時だけ仕事を入れています。

単発の夜勤派遣は求人数は少ないのですが、看護師求人情報サービスなら条件の良い求人が見つかると思いますよ。

私は個人の眼科クリニックや泌尿器科、胃腸科などのクリニックに行きましたよ。

眼科クリニックの夜勤は、私が行ったクリニックは週に1回水曜日だけ白内障のオペがあるんです。

でもスタッフはママさんナースがほとんどだから夜勤が出来るスタッフがいない・・・。

それで派遣看護師を募集していました。

眼科のオペなのでオペ後の看護も楽なものだし、ナースコールがなければ特に仕事もなくて、最低限自分の仕事が終わったら自分の時間です。

一応看護師が常駐しているだけという感じで、眼科の経験がなくても、ブランクが長くても全然大丈夫といった感じです。

こんなに楽なのに給料貰って良いんですか~ってくらい楽でした!

就寝後は仮眠も休憩も取れますし、看護師は1人で夜勤だったので他のスタッフに気を使う必要もないから読書したり、携帯をしていてもOKです。

1勤務16時間と長いのですが、たっぷりと休憩が取れて朝は全然疲れもないし、本当に楽だな~と思いました。

一般病院だとそうはいきませんから、夜勤バイトなどは給料が高い代わりにハードですね。

夜勤の単発派遣はクリニックや老健・老人病院・グループホームなどの求人が多いのですが、どこも仕事はそれほどハードではなく、日給は2万円ほどと決して高くはありませんが、当たりな求人だと思いますね。

 

クリニックで派遣!?これって良い求人なの?

私は今まで沢山の職場で派遣をしてきました。

クリニックの派遣は求人数は少ないのですが、産休や育休の代理で募集される事があります。

クリニックって個人病院だから給料は安い所が多いですね。

スタッフは准看さんが多く、常勤よりもパートの方の方が多い所が多いと思います。

私は何か所かのクリニックに半年ほどの短期間で派遣されました。

産休の代理でクリニックに勤めた時は、クリニックって大変~(T_T)って思いましたね。

私が行ったクリニックは小児科・内科・訪問診療・麻酔科などがある地元では結構有名なクリニックでした。

私は訪問診療や訪問看護を主に担当しました。

私は在宅の仕事はしたことがなかったので、在宅の仕事ってこんなに大変なんだ!とビックリしましたね。

とにかく濃い患者さんと家族が多い・・・。

普段家で介護をされているのでプライドをしっかり持っている方が多いですし、その家によってそれぞれやり方がありますから、そこを看護師に要求してきたり、ちょっとでも気に食わないとクレームを入れたり、訪問時間が1分でも遅れたらクレーム、ティッシュの置き方、ベッド柵の置き方、ゴミの捨て方・・・もうちょっとでも自分が気に入らないとクレームを入れる方が多かったですね。

ドクターは訪問診療って言っても10分位で帰ってしまうので家族も当たらないけど、看護師は長く訪問するからストレス発散のはけ口にされやすい・・・(T_T)

監視カメラや盗聴器を付けて看護師を観察している家とかありましたね。

本当にもう在宅の仕事はうんざりです。

クリニックって色々な業務を看護師がこなすから、とにかく雑務が多い!

結構、残業も多いし、スタッフの入れ替わりがない、途中から入ってきた人には話しかけるとか仕事を教えるとかも少ない・・・。

クリニックも独特な雰囲気の職場とか、お局様がドシンと居座っている職場とか、働きにくいな~という職場は多いですね((+_+))

     

イベントナースの仕事内容

       

イベントナースの仕事内容

イベントナースの仕事は、その名の通りイベント時の救護が主な仕事です。

看護師なので、当然、医療行為には限りがあり、医師の力が必要な場合は、救急車を呼ぶことになります。

また、救急車を呼ばないまでも、重大な疾患がある場合は病院への搬送を行います。

治療をするのではなく、あくまで応急処置だということを心にとめてくださいね。

ジャニーズのコンサートでイベントナース

ジャニーズファンの看護師にとってまさにうってつけの仕事がイベントナースだと思うかもしれません。

しかし、実際には、救護室での待機となるので、全くコンサートを見ることはできません。

仕事をしながらついでコンサートを見るなどという事は一切ないです。

場合によっては、可能性は低いですが、ライブで患者さんが出てしまったときは、直接ジャニーズと話すことができるかもしません。

ただ、患者がでなく無事にコンサートが終ることが一番ですので複雑な心境ではありますが。

夏フェスでイベントナース

屋内のコンサートに比べて、患者が増える傾向があります。

特に夏の炎天下で熱中症になる人が多く、イベントナースとして忙しくなってしまいます。

涼しい場所で休ませ、クーリングや水分補給をすることで改善することもあるのですが、症状が重い人は救急車で病院に搬送します。

夏フェスの場合は、救急車が会場の外であらかじめ待機していることが多いので、一刻を争う時は安心です。

イベントナースとしては人気の仕事の1つとなるのでなかなか個人で探すのは難しいです。

多くが看護師派遣会社に登録した後にしか見ることができない非公開求人であるからです。

なぜ、非公開求人なのかというと看護師派遣会社の登録を済ませた派遣看護師にだけ任せたいという依頼者の気持ちを考えてみたらわかるかと思います。

     

学校健診の看護師単発派遣

       

看護師学校健診派遣のデメリット?

学校健診の派遣看護師はメリットが多い仕事として人気の高いお仕事です。

ライフスタイルを重視した働き方ができる上に、時給も高いため、子育て中のママさんナースでも働きやすい仕事なんですよね。

しかし、そんなメリットの高い学校健診派遣にもデメリットはあります(´・Д・)」

学校健診派遣は、冬期間仕事がないのです。

学校健診派遣は、ほとんどが4月から11月くらいまでの仕事となっています。

秋に入ると健診の数はぐっと少なくなってしまいます。

最近は冬期間も仕事がある事業所もありますが、数は少ないため最盛期の春から夏の間ほどの仕事はありません。

そうなると、年間を通して安定した収入が望めないというデメリットがあります。

派遣の仕事として働く分にはとても条件の良い仕事なのですが、家計を支える仕事としては不向きになりますね。

冬場は他の仕事を探さなくてはならないなどとなると、やはり長年働くことが難しくなります(;´Д`A

また、学校健診の仕事は精神的にも肉体的にも負担の少ない仕事と言われていますが、臨床経験を積むことが出来ないんですよね。

単調な仕事ですから、病院の看護師としてバリバリ働いていた人には物足りなさを感じることもあると思います。

看護師の仕事って、苦難が多いからこそやりがいにつながっていますよね。

看護師としての経験を積めない、やりがいを感じられないなどというデメリットがありますね。

また、採血では看護師一人あたり、数十人から100人近い人数の採血を行うこともあります。

採血は非常に神経を使うため、朝から夕方までひたすら採血をし続けるということに気疲れしてしまうこともありますね。

 学校健診の看護師派遣の人間関係

職場の人間関係って本当に憂鬱になりますよね(T ^ T)

人間関係のトラブルに悩み退職って実は結構ありがちじゃないですか?

そういった職場の人間関係トラブルからうつ病を引き起こしたり、トラウマを持っている人もいるんですよね。

人間関係が辛くて仕事を辞め、トラウマでなかなか再就職出来ずにブランクが出来てしまうナースもいます。

そういった人間関係トラブルのない職場ってなかなかないですよね。

しかし、そんな人間関係トラブルにトラウマのあるナースも、学校健診の仕事はわりと楽に働けているんですよ(^o^)

学校健診の仕事は、1日の中でも数箇所に別れて検診を行っているんです。

だから毎日仕事をするメンバーも違うんです。

学校健診のスタッフは、沢山の人が嘱託やパート、バイト、派遣と様々な働き方で登録しています。

だから、出勤日も人それぞれ、派遣される学校も様々…。

同じスタッフと月に何度も顔を合わせることなんてほとんどないんです。

毎回違う顔ぶれのメンバーだから、確執やイジメなど起こりにくい環境なんですよね(^ ^)

そんな環境でも人間関係トラブルが起こることはあります。

しかし、そんな時は同じ学校の派遣を避けてシフトを作ってもらうこともできます。

病院やクリニックでは、それはできませんよね。

いつも同じ顔ぶれで、いつも顔を合わせなくてはならないから、人間関係におけるトラブルで苦しむことになります。

仕事をこなすことだけでも体力を消費するのに、そうのような人間関係で心労も重なると全てが大変に思えてきますよね。

学校健診の仕事ではそれがないだけでもかなり楽な仕事と言えます。

     

訪問入浴看護師の仕事内容

       

訪問入浴看護師の仕事内容

私は結婚を機に退職したのですが、子どもはまだいなくて、夫は仕事が忙しく、この先転勤があるかもしれないというので、好きな時に無理なく働けるアルバイトとして、訪問入浴バイトをしています。

次の町に行った時でも出来る仕事、という思いもあります。

訪問入浴は好きな時に働けて、月1回からでもOKで、アルバイトをしている方は、ダブルワークの方も多く、転職するまでの間、ブランク空かないように働いている方もいます。

看護師の仕事は、バイタルチェック、入浴の可否判断で、入浴介助を介護士さんと一緒にしながら、患者さんの様子、変化などないか観察チェックします。

訪問入浴を利用される方の中には、呼吸器がついている方や全身拘縮の方もいらっしゃいますが、アルバイトには重症度の高い方を担当することはあまりないです。

訪問先ではご家族が介護で疲れていらっしゃる場合もあるので、声掛けには注意して、慎重に言葉を選んでいます。

1軒あたり1時間かかり、1日あたり6~7軒まわりますが、午前中だけの勤務をお願いすることもあります。

訪問入浴はどこでも求人があるので、少し経験を積んで、引越し先でもスムーズに仕事が出来たらいいなと思っています。

訪問入浴の看護師単発派遣の口コミ

収入アップを目指して、常勤に無理ない程度のダブルワークをしています。

本業は、老健常勤で、休日多く、年休消化率100%、人間関係も良好、ただ一点、給料が安いことがネックなんです。

ダブルワークをするなら、夜勤ではない時給が高い仕事を希望し、訪問入浴にしました。

時給は平日だと2200円、土日祝日になると、2500円にもなります。

私は実家が近くにあって、夫も子ども達とよく遊んでくれるので、訪問入浴バイトは月3~4回、時給が高い週末も入れながら働いています。

毎回一緒に仕事をする人が変わったりしても大丈夫かな、とちょっと心配でしたが、元々新しい人と出会うことが大好きなので、むしろ今日はどんな方と一緒にお仕事するのかなぁと楽しみになっています。

仕事は力仕事ともいえるので、ハードですが、夏場は汗びっしょりになって、体重が減った時にはちょっと嬉しかったりしながら、楽しくダブルワーク出来ています。

     

老人ホームの業務は大変?

       

老人ホームで単発派遣★穏やかでストレスのない日々です

独身の頃って、看護師の仕事でやりがいを感じるのは、外科とか循環器とかの病棟で、ハードな仕事をこなしながらバリバリ働くことだなぁって思ってました^_^
しかし、結婚して子供が生まれて、ママさんナースとして働くには、外科とか循環器とか急性期病棟では負担が大き過ぎます(~_~;

外科とか循環器って、オペも毎日数件あって大変だし、急変も多いですよねf^_^;

看護師派遣であっても、病院はやはり大変な事が多いんです(-。-;

そこで私は、子育てしながら老人ホームのパート看護師をしています(^-^)/

子育てしながらでも働けるところはないか、看護師求人情報サービスで相談したんです(^ ^)

そこで紹介されたのが老人ホーム。

老人看護とか全然興味をもったことはありませんでしたが、老人ホームや老健、特養などの介護施設は、ママさんナースでも無理なく働けるところが多いんですって(*^o^*)

一般病院やクリニックのように、治療の場ではなく、どちらかというと生活の場…。
だから、一日の流れもゆっくりなんです(^ ^)

介護士もいるから、オムツ交換などは介護士がやってくれます(^ ^)

看護師は、バイタル測定や処置を行ったり、ドクターと回診に回ったり、体調不良者への対応をしたりします。

老人ホームは、、あくまで高齢者が集う生活の場です。

急変やステルベンはほとんどなく、病棟のように慌ただしいこともそれほどありません。

残業もないし、派遣なので、わりと時間通りで帰らせてもらっていますよ(*^^*)

穏やか毎日だから、スタッフもピリピリしてないし、人間関係も良好?

人間関係が良い職場は、ナースのチームワークもいいし、ストレスがないですね(*^^*)

ハードな職場で働いていたナースには物足りなさがあるかもしれないけど、今はスキルアップより、働きやすさを重視したいので、私は満足していますよ(*^^*)

子育てしながら働きやすい職場だなって思っています。

有料老人ホームの看護師派遣について

 

以前は、有料老人ホームと言うとある程度お金に余裕のある方が入る施設という印象でしたが介護保険が整備されてからは介護が必要な老人なら入れる様になったので、希望者が増え施設の数や職員の数が足りず施設の空きを待っている老人が沢山いるのが現状です。

有料老人ホームでは、老人病院とは違い、施設にあたるので、主に医療行為が必要とされていない利用者が対象になります。

要支援の認定を受けた方が10人以上で看護職員を1人以上、要介護の認定を受けた方が3人以上で看護職員を1人以上配置する事など、厚生労働省により厳しく管理がされています。

有料老人ホームでの看護師の業務は医療行為を必要としない利用者さんが対象のため、看護師が医療行為をする事はありません。

これらの施設では主に、食事の提供入浴のサービス、生活の支援などを行います。

看護師の仕事を見ても、食事の介助入浴の介助、利用者の健康管理(バイタルサインの測定や定期受診の付き添いなおど)、排泄の介助などが主な業務になります。

有料老人ホームの看護師求人は最近、とても増えてきています。

どちらかというと介護の分野での仕事が多いので、一般の病院などから転職した場合はギャップの大きさにビックリすると思います。

利用者さんの健康維持が大きな仕事になるので、高齢者看護に興味のある方はやりがいのある仕事になると思います。

     

デイサービス看護師のメリット

       

ブランクが長い看護師さんにおすすめなデイサービスの理由

多くの看護師は、出産を期に育児に専念する為に、一旦職場から離れています。
そして、何年かのブランクの後に、仕事に復帰しているというケースが多く見られます。
看護師の中には、資格さえ持っていればいつでも仕事に復帰する事ができるし、ブランクがあっても無理なく働く事ができる仕事はいくらてもある、
と思っている方もいますが、逆に、ブランクがある事によって、仕事に復帰する際に、かなりナーバスになってしまう方もいます。

確かに、看護師の資格を持っている事で、いろいろな働き方を選択する事ができます。
いろいろな職場がある中で、ブランク看護師がスムーズに仕事に入る事ができるのは、福祉系の仕事です。
その中でも、デイナービスの仕事は、よほどの事がない限り残業がありませんし、時間の融通も利きます。
医療行為をする事も少ないので、ブランク看護師が仕事に復帰するのにはお勧めの仕事の一つです。

デイサービスというのは、在宅介護をしている方が機能訓練をしたり、社会との関わりを持つ事で、認知症の予防や進行を防いだり、
さらに、介護をしている家族の負担を軽減するといった場でもあります。
デイサービスでの看護師は、利用者の方の健康管理の他に、コミュニケーションをとる事によって、体調不安の相談にのったり、
介護をしているご家族の悩みを聞いたり、といった事が主な仕事となります。

病院で勤務している時と違い、患者さんやご家族の方とじっくりと関わる事ができる仕事です。
バタバタした雰囲気がなく、ゆっくりと時間が流れている感じなので、無理する事なく、少しずつ仕事のペースを掴む事ができると思います。
デイサービスである程度仕事のペースを取り戻してから、希望の職種に就く事をお勧めします。

 

デイサービスでの急変対応について

デイサービスは、体調が安定している方が、入浴や食事、それにレクリエーションを楽しみに利用しているところです。
体調が悪い時には、デイサービスはお休みしてもらっているんですよ。
だから、ほとんどの方は医療を必要としていない状態なんですけど、高齢者なので、いつ急変が起こるかわかりません。
基礎疾患を持っている方がほとんどで、多くの方は、高血圧です。
脳梗塞や、再梗塞を起こす方もいるし、心疾患を持っている方の場合は、突然の心不全もあるんですよ。
その他にも、低血糖や高血糖による昏睡、腸閉塞が原因で、突然の嘔吐や意識レベルが下がる事もあるんです。
排便の時にも、そのショックで嘔吐や冷や汗、意識消失を起こす事もありますね。

デイサービスで急変があった場合には、まずバイタルを測定していますね。
それから、全身状態を観察して、異常がある場所を確認しています。
ケアマネに報告して主治医に連絡を取ってもらって、必要があれば、病院に救急搬送しているんですよ。
デイサービスの中では医療行為はほとんどできないので、病院へ搬送するケースがほとんどなんです。
病院に搬送された時には、家族が来るまで看護師が利用者の方に付き添っているんですよ。

急変が起きた時には、とにかく迅速に対応する事が大切ですよね。
迅速な対応をする事が、利用者の方の予後を左右する事になるので、看護師の役割はとても大きいんです。
看護師と介護士、ケアマネとの連携もとても大切なんですよね。
どんな状態であっても、看護師は常に冷静に対応して、介護士に指示を出す事がとても大切なんですよ。
デイサービスにはドクターが常勤していないので、急変時には、看護師の存在はとても重要ですよね。