看護師夜勤バイトの時給相場は高い。

看護師派遣単発の口コミサイト


「 看護師派遣の夜勤単発 」 一覧

     

看護師夜勤バイトの時給相場は高い。

       

看護師夜勤バイトの時給相場

夜勤勤務は、手当がついて高給だし効率良く稼げることもあり、夜勤バイトのみで収入を得ている方も沢山います。

夜勤手当の加算対象になる時間帯というのは、22時~5時の間です。

2交代制の夜勤バイトの場合は、16時頃からスタートの16時間労働なので、夜勤手当の加算対象時間が全て含まれることになります。

しかし、3交代制の夜勤バイトの場合は、準夜勤と深夜勤がある為、夜勤手当の対象時間が少なくなります。

夜勤手当の相場というのは、準夜勤が約4千円、深夜勤が約6千円となっていますから、2交代制の夜勤バイトであれば、時給とは別に、夜勤手当として約1万円の収入が得られます。

その為、2交代制の夜勤バイトは、1回の勤務で3~4万円といった高給な求人を沢山見つけることができます。

そのような点からみると、3交代制の夜勤バイトよりも、2交代制の夜勤バイトのほうが効率良く稼げることがわかります。

看護師の働き方は、大きく分けると常勤と非常勤に分かれます。

そして、常勤で働いているほうが高給が得られるというイメージがあります。

しかし、職場によっては、常勤よりも夜勤バイトのほうが稼ぐことができます。

常勤で働いている場合、月給の相場は30~35万円です。

これには、夜勤手当も含まれています。

夜勤バイトの場合は、月給制ではありませんから、何回夜勤勤務をしたかという計算になります。

例えば、1回の夜勤が3万円の職場であれば、月に10回以上の夜勤をすれば月に30万円稼ぐことができます。

1回の夜勤が4万円という高給な職場を選べば、月に40万円稼ぐことができます。

ただ、月に10回以上の夜勤をする為には、夜勤の回数制限が免除される働き方をする必要がありますから、注意が必要です。

夜勤バイトだけで生活できるだけの収入を得たいのであれば、1回の夜勤が3万円以上の求人を選ぶことをお勧めします。

高給な求人となると、業務内容がハードだというイメージが強いかもしれません。

でも、療養型の病院でも1回の夜勤が3万円以上という職場は沢山ありますから、慎重に選ぶことをお勧めします。

看護師夜勤バイトと労働基準法

夜勤の仕事は、手当がついて高給なこともあり、好んで夜勤勤務を選択している方もいます。

ただ、夜勤の労働時間というのは制限があり、月に72時間以上の夜勤をすることができません。

これは、夜勤の負担を減らすことが目的で作られた規則です。

そして、72時間という規則を守っている医療期間というのは、国から高額な入院基本料を貰うことができます。

そのような理由もあり、多くの医療機関や施設ではこの規則を守っていますが、これは、夜勤ができる看護師不足にも繋がってしまいます。

ですから、夜勤ができる看護師を一人でも多く確保する為に、単発夜勤バイトの求人を多く出しています。

そして、それらの求人は、1回の夜勤が3〜4万円というように、かなり高給です。

ただ、集中治療室の現場は、72時間という規則が免除されます。

72時間以上の夜勤ができない、という縛りを作ってしまうと、看護師不足が加速して、治療に支障が出てしまうという可能性があります。

それに、集中治療室のように高度な医療や看護が必要な職場というのは、スタッフの入れ替わりが激しく、ギリギリの人数で回しているところがほとんどです。

ですから、規則で縛ってしまうと、さらに看護師不足が深刻になる可能性があります。

その他に、夜勤専従常勤や夜勤専従バイトで働いている場合も、72時間の規則が免除されます。

夜勤専従常勤や夜勤専従バイトというのは、看護師不足を解消することが目的で雇われています。

だから、多くの職場では、このような夜勤専従や夜勤バイトに働いてもらうことで、夜勤ができる看護師を補っている状態です。

つまり、夜勤専従常勤や夜勤専従バイトとして働くのであれば、月に72時間以上の勤務が可能なので、たとえバイトであっても充分な収入を得ることができます。

夜勤バイトは、職場によって業務内容が異なります。

介護施設の場合は、基本的に看護師1人体制となっているので、いくら業務内容が楽であっても、休憩や仮眠が取りにくいという状況です。

副業として夜勤バイトをする際には特に、事前に業務内容や職場環境をしっかりとチェックすることをお勧めします。

     

週1の看護師夜勤派遣

       

週1の看護師夜勤派遣

看護師の中には、本業が連休の日などに、給料アップの為に副業をしている方が沢山います。

ただ、本業に支障が出てしまっては、副業をしている意味がなくなってしまいます。

ですから、副業を選ぶ際には、シフトが完全自由で、自分の都合に合わせて働ける職場を選ぶことが大切です。

副業でお勧めなのは、単発夜勤派遣です。

単発夜勤派遣は、週1日でもOKな求人が沢山あり、自分の好きな時に仕事を入れることができます。

看護師が働く職場というのはいろいろありますが、多くの単発夜勤派遣の求人が出ているのが、老健などの介護系の職場です。

介護系の職場というのは、ほとんどの現場が看護師が不足している状態です。

その為、1日でもいいから働いて欲しいという希望もあり、急募の夜勤派遣の求人が多いという傾向です。

ですから、看護師にとっては、働きたい時にすぐに働くことができる、というメリットがあります。

老健のような介護施設に入所しているのは、治療の必要はないのですが、在宅するのは難しいという状態の高齢者です。

ですから、日常生活の援助が主な業務なので、高度な医療技術は必要ありません。

もし治療が必要になった場合には、病院に転送するというケースがほとんどなので、精神的に楽な気持ちで働けます。

精神的にも肉体的にも楽な気持ちで業務ができるので、復職にはお勧めの職場だと言えます。

そこで気になるのが、給料の相場です。

一般病院の夜勤派遣に比べると、介護施設の夜勤派遣は、給料相場は安いのが事実です。

しかし、看護師不足ということもあって、一般病院と変わらないくらいに高給な夜勤派遣の求人も沢山あります。

例えば、日給3万円の夜勤派遣を週1で入れることで、月に10万円以上の給料アップが可能です。

週1でも働けるような単発夜勤派遣は、高給な求人が多く、それらは、看護師求人サイトで見つけることができます。

中には、日給4万円といった高給な求人もありますから、複数の求人サイトをチェックしてみることをお勧めします。

夜勤単発派遣の給料

看護師にはいろいろな働き方があります。

常勤として職場に所属して働くのではなく、単発派遣を組み合わせることで収入を得ている、という方もいます。

単発派遣の中でも時給が高いのが、夜勤派遣です。

単発夜勤派遣は、一般病院の場合は日給3~4万円が給料相場です。

介護施設になると日給2?3万が給料相場なので、一般病院に比べると低めです。

しかし、看護師不足ということもあり、最近は、介護施設でも一般病院と変わらないくらいの高給な求人が沢山出ています。

単発派遣だけで生計を立てるのは難しい、というイメージを持っている方も少なくないと思いますが、1回3万円の夜勤単発派遣を月に10回入れれば、月に30万円近くの収入になります。

ですから、夜勤であれば、単発派遣だけでも充分に生活できるということが良くわかります。

単発派遣の給料は、それぞれの職場から支払われます。

給料の締め日や支払日は、職場によって異なるので、単発派遣を組み合わせて働いている場合には、月に何度も給料日があるということになります。

多くの職場が、20日、25日が給料日ですが、週払いや日払いというところもあります。

その為、常勤の働き方に比べると、生活費の調整をするのが難しいかもしれません。

夜勤単発派遣だけで生活したい場合には、1ヶ月分くらいの生活費を用意した上で始めると、安心かもしれません。

単発派遣の場合は見つけることはほとんどできませんが、短期の夜勤派遣であれば、看護師寮が利用できたり、住み込み可の求人もあります。

そのような求人であれば、お金がない状況であってもすぐに仕事に入ることができます。

夜勤単発派遣は、高給な求人が沢山あります。

それに、一定期間まとめて仕事を入れて頑張って働いて、長期の旅行に行くということもできます。

夜勤単発派遣は、1回から可能な、シフト完全自由な求人がほとんどなので、自分の都合に合わせてマイペースで働きたい、という方にはお勧めです。

     

看護師派遣の夜勤のメリット

       

看護師派遣の夜勤が人気の理由

看護師の夜勤派遣が人気の理由看護師の派遣では夜勤派遣は人気がありますね。

夜勤派遣は給料が高いですし、短時間で効率良く稼ぐ事が出来るのが人気の理由です。

夜勤派遣を募集している病院はほとんどが2交代制の病院です。

夜勤派遣は、長期間の派遣以外にも、単発派遣や期間限定派遣などの募集があります。

単発派遣の場合は、一般病院は少なく、ほとんどが老健や老人ホームなどの介護系の職場ですね。

一般病院の場合は、患者さんの名前や疾患名・治療方針などある程度理解していないと、何かトラブルがあった時に対応できないので、単発での派遣は難しいですね。

慢性期の病棟などは単発派遣を募集している事もありますが、急性期の病棟でばないですね。

夜勤派遣の求人は、ハローワークやナースバンクで見つけるのは難しいですね。

ハローワークやナースバンクは、常勤やパートの求人が主なので、夜勤派遣などの求人はほとんどありません。

私は、いくつかの病院で夜勤バイトをしていました。

単発派遣では老健と老人病院、後は一般病院で月に1~2回バイトをしていました。

老健や老人病院などの介護系の施設は、各施設によって勤務内容や業務量が大きく違いますね。

看護師は健康管理のみを担当して、その他の介護の部分は介護士が担当する病院と、看護師も全般的に仕事を任される場合とあります。

老人病院などは寝たきりの方が多いので、体交やおむつ交換なども任されると、看護師は休む暇がありません。

病院ですから医療行為もありますし、夜間はスタッフが少ないので、看護師の負担も大きくなる上に、介護の仕事もするとなると大変です。

また、介護系の施設は、夜勤派遣でも給料が安いですね。

2交代なら1勤務2~2万7千円くらいが相場ですね。

職場によって当たり外れが大きいので、大変な職場に当たると、休憩も仮眠も取れない事も良くありますよ。

一般病院も当たり外れはありますが、事前に職場の様子をしっかりと調べておけば、失敗する事もありません。

一般病院の夜勤は1勤務3~4万円が相場ので、短時間で効率良く稼ぐ事が出来ますよ。

看護師求人情報サイトでは、事前に職場の様子を細かく調べてくれます。

また、全国の多数の病院のデータがあるので、評判の悪い病院やスタッフの離職率が悪いびゅ院、労働環境が悪い病院などを事前に教えてもらえますよ。

夜勤の時の子供の預け先

私は介護施設の看護師をしています。

私の働く施設の夜勤は2交代です。

夕方17時から翌朝9時までの勤務です。

主人はトラックの運転手のため、週に一度ほど長距離で夜間いない日もあります。

我が家は二世帯住宅になっていて、主人の実家と私たちの家の間を通路でつないでいます。

私が夜勤の時、主人の長距離と重なることがたまにあります。

主人の長距離の日は前日にならないと分からないので、シフトでの調整は難しいのです。

私は、週末休みになるよう極力週末に夜勤を希望していますが、時々平日も夜勤があります。

私が夜勤で主人が家にいる時はいいのですが、2人ともいない日もあります。

子供たちが小さい頃は、隣に住んでいる主人の両親に預けていました。

しかし、夜泣きがひどいためよく小言を言われました。

最近では小学校の高学年になったため、主人の両親に預けなくても、自分たちの部屋で寝るようになりました。

時々、主人の親が様子を見に来てくれるため安心です。

夕ご飯もある程度準備して、主人の親に預けて行くと、子供たちは一緒に食べ、勉強をしに自分たちの部屋に戻ります。

朝ごはんは、私たちのうちで、私が準備したものを食べて学校に行くようになりました。

私の住む地域は同居や二世帯が多く、よくママ友で集まるとおじいちゃんおばあちゃんが甘やかして困る…という話題が多く聞かれます。

うちも、もちろんそんな悩みを持っていました…。

しかし、子どもたちにも自立させ、少しずつ祖父母に頼らず、夜勤の日も自分たちで出来ることは自分たちで、という習慣を身につけさせてきたことで、そんな悩みもなくなってきました。

また、夏休みや冬休みは、車で1時間ほどの所に私の妹家族が住んでいるので、夜勤前に送っていきお泊まりなどすることもあります。

年の近い従兄弟がいるため、とても喜びます。

夜勤で夜そばにいないのは可哀想だな…と思うこともありましたが、今ではそれがあったから自立する事も出来ているとプラスに考えることにしています。

     

夜勤専従看護師を辞める理由は?

       

人間関係が悪くてナースの定着率の悪い職場での夜勤は大変です(+_+)

夜勤専従の仕事は、給料が高くて日中に自由な時間が取れるので、看護師には人気の働き方です。

夜勤というのは、日勤に比べると業務量が少なくなるので、比較的に落ち着いて仕事をする事ができるといったメリットもあります。

しかし、夜勤専従は働きやすい職場とそうでない職場との差が激しく、職場選びは慎重に行なう必要があります。(–_–“)

私は、短い日数で効率良く稼げる事で、夜勤専従の仕事が気に入っています。

夜勤の仕事に慣れるまでには少し時間がかかりましたが、夜勤の仕事に慣れてしまうと、毎回同じ時間に働く事になるので、日勤と夜勤の両方をこなしているのよりも、生活のリズムが整うんです。

でも、以前働いていた病院は、最悪な職場環境でした。

その病院は、常にスタッフ不足に悩まされていました。

スタッフが不足している事から、一人一人の負担も大きくなり、仕事の疲れから気持ちの余裕がなくなって、人間関係のトラブルが絶えないところだったんです。

そのような職場ですから、せっかく看護師が働き出しても定着せず、常に求人を出しているといった状況でした。

私は夜勤専従の派遣だったんですが、分からない事があっても、みんな忙しそうにしていて聞く事もできませんでした。>_<

そして、悪口や陰口が絶えなくて、そんな勤務時間が16時間も続くのが、とても憂鬱でした。

職場の人間関係が悪いと、仕事がスムーズに進まないんです。

だから、余計にストレスが溜まってしまいます。

精神的な疲れというのは、本当に辛いものです。

そんな職場を経験してからは、私は夜勤専従の仕事を探す為に、看護師派遣サイトを利用しています。

事前に職場環境を調べてくれるので、失敗する事がありません。(^_–)

夜勤明けはどんな風に過ごしていますか?

夜勤というのは、職場によって業務内容が全然違いますよね。
私の職場は、介護施設という事もあって、比較的に落ち着いています。
急変などがなければ、休憩も仮眠も充分に取れるので、恵まれているかもしれませんね。
夜勤明けも、ほとんどは定時で帰る事ができるんですよ。

夜勤明けの過ごし方は、人によっていろいろですよね。
看護師仲間には、自宅に帰ったらとにかく寝る、という人もいますが、私は夜まで寝ないで普通に過ごしてますね。
業務内容が落ち着いてる事も、普通に過ごす事ができる理由の一つかもしれません。
実は、私にとって夜勤明けは、リラックスタイムというか、ストレスを発散する日になってるんです。

夜勤明けの翌日というのは、仕事が休みなんですね。
そうすると、2日間プライベートの時間が持てる事になります。
せっかくの自由な2日間をムダにしたくはないですよね。
有給休暇を取ったりすると、3連休になるので、ちょっとした旅行に行く事もできるんですよ。

頑張ってる自分へのご褒美と美容の為に、エステに行ったり、温泉に行ったり、ショッピングや食事など、その過ごし方はいろいろなんですが、外出してアクティブに過ごしてますね。
そうする事で、すごく気分転換になるんですよ。
看護師は、ハードで不規則な仕事ですから、仕事で溜まるストレスも相当なものですよね。
常にストレスを発散するようにしていないと、頑張って仕事をする事ができません。
夜勤明けは、自分を癒す為の大事な時間でもあるんですよね。
以前は、夜勤明けも家でダラダラ過ごしていた事があったんですけど、逆にスッキリしなくて、だるくなってしまったんです。

     

夜勤の単発派遣はママナースには難しい?

       

夜勤の単発派遣は子育てナースには難しいかな?

最近増えてきた、看護師夜勤の単発派遣という働き方は、給料が高い事で人気があります。

少ない日数で効率良く働く事ができる夜勤の仕事、この働き方に興味を持っている看護師も沢山いるのではないでしょうか?
そして、ほとんどの方は、独身の看護師にしかできない働き方だというイメージを持っていると思います。
しかし、実際は、子育てナースにも働きやすい方法なんです。

夜勤の勤務時間は、2交代の病院であれば16時から翌朝の9時まで、というのが一般的です。
この時間帯に、子供の預け先さえ確保できていれば、子供が寝ている間に働いて、子供が起きている時間帯には、一緒に過ごす、という生活ができるんですよ。

しかし、子育てナースにとって、一番気になるのが子供の預け先ですよね。
気兼ねなく子供の世話をお願いできる家族がいるのであれば、何の問題もありませんが、なかなかそういう方は少ないと思います。

最近では、看護師不足を少しでも補う為、特に夜勤のできる看護師を確保するために、子育て環境が整った病院が、かなり増えています。
24時間院内保育園を設置している病院を選べば、子供の預け先に悩む必要がありません。

院内保育園は、食事や着替えなど、全てのお世話をしてくれるんです。
時間の融通もきかせてくれますし、子供に何かあってもすぐに駆けつける事ができますから、
安心して仕事をする事ができます。

夜勤の単発派遣のように、夜勤だけの仕事であれば、働く時間も決まっているので、慣れてしまえば生活のリズムが崩れる事もありません。
日勤と違い、平日に休みをとる事ができ、夜勤明けも、一日自由な時間を持つ事ができる夜勤の単発派遣は、子育てナースにとってはおススメの働き方だと思いますね。

 

看護師夜勤の化粧について

夜勤の時はメイクをする派とすっぴん派に分かれますね。

結構、年配の方ほどメイクは最低限すると言う印象がありますが、いくら夜勤と言ってもノーメイクは抵抗があると言う方も多いと思います。

看護師は不規則だから、肌が荒れやすいですし、特に夜間起きていると肌の状態は悪くなりますよね。

私も学生の頃は肌トラブルも特にない肌だったのですが、3交代で夜勤を始めた途端、肌はオイリーになりニキビは出来るし、夜勤明けは酷いくすみ・クマなど・・悩まされています。

夜間はメイクはしない方が肌には良いと思いがちですが、ミネラルファンデーションの様な無添加のファンデーションをしながら肌のお手入れも出来るアイテムなら、気になる所を隠しつつ肌の手入れも出来る優れ物です。

私は、長年オンリーミネラルファンデーションを愛用しています。

肌荒れも無くなり、夜勤明けでも肌はきれいです。

不規則な生活だから、サプリを飲んだり、酵素を飲んだりとスキンケアと健康管理には気を使っています。